« 第9回モデラーズフリマin Shizuoka | トップページ | イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(2) »

2010年4月 4日 (日)

イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(1)

Photo_2 
 プラモデルを作る楽しさを味わいたくて始めたのが 、先日のモデラーズフリマで購入した「イマイ 1/350 TB-2 PERFECT」です。全体がクリアーパーツで、エンジンや居住ブロック、MOLEなどがメッキパーツになっています。
 久々のプラモ作りなので造り易いものをと考えたのですが、クリアーモデルなので塗装が少なくて済むことや、パーツの継ぎ目を消すのも困難(?)なので、あまり手を掛けずに完成できそうだと思って選びました。
 不器用なのは勿論ですが、一番の問題点は老眼です。細かいパーツを面相筆で塗るのは困難を極めます。スタンドルーペを使ってみましたが、距離感が掴みにくい感じがします。
 一番使い易かったのが、度の強い老眼鏡でした。以前、模型屋さんで「細かい作業をする時は強い老眼鏡を使っている」と、店主とお客さんが話していました。(長時間作業すると、翌日は目がぼやけるなどの影響があるそうです。) 100円ショップで一番度の強い老眼鏡を買って試してみたところ、普段使っている老眼鏡よりも細かい所がくっきり見えて、塗装作業がし易くなりました。なるべく短い時間だけ掛けるようにして、目の負担にならないようにしています。
 デカール貼りも久々で、位置が合わなくていじっていると切れたり丸まったりと、自分の不器用さを改めて感じました....。

|

« 第9回モデラーズフリマin Shizuoka | トップページ | イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(2) »

コメント

ユーチューブにタカラ製の2号の映像がありますが、大型のモデルでコンテナからリフトアップします。あれは高価でレアなものなのでしょうか。外国のファンがこれを手に入れることは難しいとコメントしていますが、雷おやじさんはお持ちですか。

投稿: アラン・墨 | 2010年4月 4日 (日) 23時21分

そうです!
老眼です。細かい事が出来なくなりました。
老眼鏡も疲れますね。
この2号は持ってます。まだ作ってません^^)

アラン・墨さんこんばんわ。
タカラ製の2号、岡山ですが、お宝発見と言うお店に2つありますよ。
ボクも持っています。
垂直尾翼をさしたのですが、抜けなくなり、
箱にしまう事が出来なくなりました。
ホコリまみれになってます^^)

投稿: ひげおやぢ | 2010年4月 5日 (月) 04時29分

アラン・墨さん、ひげおやぢさん、コメントありがとうございます。
 タカラの2号は良いですね。1/144の迫力サイズに電動伸縮脚ですから、サンダーバード2号好きには堪らないおもちゃです。(この2号を分解して、伸縮脚のメカニズムを解明してくれる勇気のある方が現れないものかと思っています。)
 小生は2個持っています。1個目の購入経緯は、「カテゴリー」~「サンダーバードおもちゃ・本」~「2号兄弟」の記事をご覧下さい。(2006年7月16日付)
 もう一つは、ヤマダ電機のホビーコーナーで少し安かったので「保存用?」に買ってしまいました。
 組み立てたタカラ2号の保管方法については、「カテゴリー」~「サンダーバードおもちゃ・本」~「嫁入り道具1号の秘密」の記事で紹介しております。(2006年4月19日付)

投稿: 雷おやじ(宿直明け) | 2010年4月 6日 (火) 23時18分

おお!これはぴったしですね。
しかし、ハードルが高いですなぁ…

投稿: ひげおやぢ | 2010年4月 7日 (水) 00時28分

お二人ともお持ちなんですね。うらやましい。
仰るとおり、4つの脚の動きをピッタリとシンクロさせるのはたいしたものです。メカはどうなっているのでしょうか。
コンテナの扉も自動でゆっくり開いたらもっとスゴイですね。

投稿: アラン・墨 | 2010年4月 7日 (水) 21時34分

ひげおやぢさん、コメントありがとうございます。
 嫁入り道具のタンスにサンダーバードの玩具を収納するなどというクレージーな事をするのは、小生ぐらいのものでしょう。
 ハードルが高いと言うよりも、ミッション・インポッシブルですねー。

投稿: 雷おやじ | 2010年4月 7日 (水) 22時52分

アラン・墨さん、コメントありがとうございます。
 4本の脚をうまく伸縮させるメカニズム、ぜひ知りたいですね。自分の持っている2号を分解して調べる勇気は、とても有りません。
 「コンテナの扉の自動開閉」いいですね。タカラさんに業務提案したいところです。同スケールのラジコン・レスキューメカ(タカラ製)を中に入れておいて、発進させると扉をパタンと押し開けながら出てくるそうです。劇中同様に扉がゆっくりと開けば、臨場感抜群ですね。

投稿: 雷おやじ | 2010年4月 7日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/47985652

この記事へのトラックバック一覧です: イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(1):

« 第9回モデラーズフリマin Shizuoka | トップページ | イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(2) »