« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月17日 (日)

救出成功

Photo
 チリの鉱山落盤事故で、地下700m閉じ込められた作業員が全員無事に救出されました。8月5日の事故発生から2ヶ月以上もの極限状況のなか、チリ政府を始めとする多くの人々の力で一人の命も失うことなく生還出来ました。
 圧縮空気を利用した高性能のドリルで救助用の縦穴を掘り、NASAのアドバイスを受けて製作された救出用カプセル「フェニックス」で引き上げられました。当初の想定では救助に4ヶ月もかかるとされていたので、かなり期間が短縮されましたが、600mのトンネルを掘るのに現在の技術では約1ヶ月を要しました。

 サンダーバードの世界ならば、おそらくはジェットモグラでゴリゴリと掘り進み、開始から数時間で作業員の避難場所に到達し、当日のうちに救出できることでしょう。落盤を防ぐよう慎重に掘り進まなければなりませんし、ジェットモグラに何人乗れるのか判りませんから何回か往復する必要がありそうです。
 
 サンダーバード製作のきっかけとなったのも鉱山の事故でした。1963年にドイツの鉱山で洪水による浸水で地下約60mに閉じ込められた作業員11人を、今回と同様に縦穴を掘削し、事故発生から2週間後に特殊カプセルで引き上げました。

 チリの救出成功のあとにも中国などで落盤事故が発生しています。労働者の命を守る安全対策が進む事を願っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »