« 久々にお買い物 | トップページ | UNSTOPPABLE »

2011年1月13日 (木)

”ちきゅう”発見

Photo
今朝、駿河湾沖に地球深部探査船”ちきゅう”の巨大なやぐらを発見しました。

JAMSTEC(独立行政法人海洋研究開発機構)のホームページで「ちきゅう」の今後の予定を確認したところ
 1月10日~14日  :新宮港にて資機材荷降ろし後、清水港に回航
 1月15日~2月4日:清水港にて資機材積み込みおよび掘削機器整備作業
 2月5日~27日  :独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 受託業務
 2月27日~3月3日:清水港にて資機材荷降ろし後、八戸港に回航
 3月7日~14日  :八戸港にて資機材積み込み等準備作業
 3月15日~5月21日:IODP第337次研究航海「下北八戸沖石炭層生命圏掘削-
             深部石炭 に支えられた海底下炭化水素循環と生命活動-」
となっていました。
2週間ほど清水港に停泊するようなので、機会があったら行ってみたいと思います。

 さて、”ちきゅう”の櫓を見ると思い出してしまうのが、サンダーバード第14話「火星ロケットの危機」に登場するクレーン船です。3隻で救助作業を開始するものの、ロケットの重さに耐えきれずに沈没してしまいます。
 ロケット内部に残された2名を救助するお話ですが、巨大なトレーラーやクレーン船に乗っていた人は大丈夫だったのでしょうか?

|

« 久々にお買い物 | トップページ | UNSTOPPABLE »

コメント

去年、僕はそれとは知らずに、深夜に清水の港で電飾されたアレを観て、びっくりしました(笑)。
SFです。

あ、
今年も宜しくお願いします。

投稿: たなかよしみ | 2011年1月15日 (土) 14時35分

たなかさんコメントありがとうございます。本年もよろしくお願いします。
 ”ちきゅう”のやぐらに明りが灯ると、かなり遠くからも見えます。確かにSFっぽさがありますよね。リメイク版の「日本沈没」にも撮影協力してましたし。
 こんなすごい船で、各国の研究者と世界中の海で研究できるなんて、ちょっと憧れてしまいます。

投稿: 雷おやじ | 2011年1月15日 (土) 15時52分

 今日、バスで東名高速道路を走ったとき、清水港に停泊している”ちきゅう”を見かけました。今週の土曜日には出航してしまいますので、近くで見ることは叶いそうもありません。2月末には戻ってくるそうなので、機会があれば行ってみたいと思います。

投稿: 雷おやじ | 2011年1月30日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/50578677

この記事へのトラックバック一覧です: ”ちきゅう”発見:

« 久々にお買い物 | トップページ | UNSTOPPABLE »