« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年2月27日 (日)

モデラーズシンポジウムin長泉

Photo

 本日、静岡県駿東郡長泉町の文化センター”ベルフォーレ長泉”で「モデラーズシンポジウムin長泉」が開催されました。長泉町の模型サークル「MCプロジェクト」が、「イベントを通じて子供たちに模型作りの楽しさを伝えたい。」と主催したものです。
 地方の模型サークルの主催とはいえ、内容はなかなかのものです。

 特別ゲスト  加藤  智   ㈱キャラアニ代表取締役
         川口 克己  ㈱バンダイ ホビー事業部
         安蒜 利明  電撃ホビーマガジン編集長         

 10:30~12:00 「川口名人による講演会」
 13:00~14:00 「川口名人の模型製作教室」
 14:00~15:30 「クリエイターズ・ミーティング」
 15:30~16:00 コンテスト審査発表、キット抽選会
 10:00~16:00 模型作品展示
 10:00~16:00 模型製作体験(中学生以下)

 小生にはバンダイの川口氏がどのような方なのか判りませんが、ガンダムファンにとっては”名人”の称号を付けるほどの方なのでしょう。加藤氏は長泉町の出身で、模型専門誌の編集長を務めた方なのだそうです。
 地方のサークルがこれだけの企画を実現させるのには、並々ならぬ努力があったものと思います。小生は午前中の講演会のみ参加しましたが、日本のプラモデルの歴史からガンダムプラモの製作についてまで興味深く拝聴しました。(日本のプラモデル黎明期のところで、サンダーバードプラモが少しだけ紹介されました。)
 ”積んどく”人は上手く作ろうとするから挫折するのだそうで、スキルを上げるには作り続けるのが一番の近道のようです。(耳が痛い話です。)
 単にキットを組んで塗装するだけでなく、ガンダムで言えばどの場面に登場する物なのかを決めて、それに応じたダメージなどを再現したり、デブリが一杯の宇宙空間を飛行したり、砂漠の戦闘ではどの部分に傷がつくなどを”妄想”することも必要なのだそうです。

 模型年齢が年々高くなり「近い将来プラモデルという趣味が楽しめなくなる」との危機感が現実のものとならないよう、小生も自分で作る楽しさを味わい、その魅力を伝えることが出来ればと思います。
 会場入り口には、高さ3mほどのガンダムやエヴァンゲリオン(小生の守備範囲外なので、多分....)など、かなり力が入っていました。サンダーバードのファンも、いつかこんなイベントを開催できたら素晴らしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

エジプト情勢

Photo
 エジプトでムバラク大統領の退陣を求めるデモが続いています。天然ガスのパイプラインが爆破されたとの報道もありました。30年間の独裁と秘密警察による抑圧など、国民の不満が爆発したようです。エジプトのみなさんの幸福と、中東の安定に繋がるような早期の解決を願っています。
 十数年前にエジプトを旅した際は、ピラミッドや遺跡観光が目当てでしたから、エジプトの皆さんが抱えている問題など全く知りませんでした。”おしん”ブームで日本のことが大好きで、陽気な人たちばかりでしたので、今回のような事態が起きるとは想像もしていませんでした。
 (現地を案内して下さった日本人ガイドの小野塚さんは、カイロ市内のヘリオポリスに住んでいると当時聞きました。まだエジプトで仕事をされているならば、どうかご無事で。)
 ムバラク政権からイスラム原理主義の政権に変わったとしたら、世界の海運に重要なスエズ運河はどうなるのでしょうか。それに、バーミヤンの遺跡のように古代エジプトの遺跡や遺物が破壊されるような事になったら人類にとって大きな損失です。

 さて、サンダーバードで遺跡の破壊と言えば、第5話「ピラミッドの怪」です。怪しげなZ団の秘密基地ですから、古代の遺跡なのかよく判りませんが、内部には古代エジプトの遺物が置かれています。
 Z団が何者なのか、何をしているのかもよく判らないまま、国際救助隊と敵対関係になってしまいます。Z団としては、自分達のテリトリーにサンダーバード1号が侵入してきたので迎撃したわけですし、不審な連中が来たのでピラミッドの内部に入れて捕らえたのですから、理に適っていると言えます。
 ピラミッドの地下で採取したガスを使って何か悪巧みをしているのか、例えば戦闘機で周辺国を攻撃しているなどの”悪”の部分が見えないまま、基地が破壊されておしまいという話には少々後味の悪さが残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »