« たいへんご無沙汰していました | トップページ | 久々に.... »

2011年8月14日 (日)

久能山東照宮

Photo_2 

 先日、静岡市にある国宝「久能山東照宮」に行ってきました。昨年12月に国宝に指定されてから、家族で訪れてみたいと思っていましたが、ようやく叶いました。
 東照宮へは静岡鉄道の日本平ロープウェイに乗って行くか、”石垣苺”のビニールハウスが8kmも並ぶ海側から、1100段以上の石段を登る方法があります。自分としては表参道の石段に挑戦したかったのですが、一人で行くわけにもいかず、熱中症で搬送されても困りますのでロープウェイに乗ることにしました。
 ロープウェイは徳川の籠をイメージしたラッピング塗装が施されています。久しぶりにロープウェイに乗ったのですが、支柱を通過するときのガクンという浮揚感がちょっぴりドキドキします。約1km、5分ほどで東照宮に到着します。 
 社務所から本殿、さらに家康公のお墓(神廟)まで石段をかなり登ります。社務所では「助さん」という愛称の木の杖を無料で貸してもらえます。最初は馬鹿にしていましたが、運動不足の小生は借りてよかったと思いました。
 建物はどれも極彩色の彫刻が施され、美しさに見とれてしまいます。日光よりも規模は小さいのでしょうが、なかなかの見応えです。
 大変暑い日でしたが、本殿よりさらに50mほど先にある神廟は木に囲まれて少し涼しい所でした。ここに家康公の御遺骸が埋葬されていると思うと、神妙な気持ちになります。自然が豊かなのか、オニヤンマを数年ぶりに見かけましたし、小枝に足が生えたような虫”ナナフシ”もいました。
 社殿を囲う壁の一角にお札が掲げられていました。カミさんのアイディアで、家族全員で願い事を書くことになりました。「3.11震災の被災者の皆さんが元気になれますように。福島の原発が一日も早く終息しますように。」家康さま、お願いします!!
 
 さてさて、サンダーバードでロープウェイと言えば第28話「魅惑のメロディー」です。国際救助隊に作戦を妨害された某国スパイのオルセンが、ケーブルを切断してペネロープやミンミンたちを亡き者にしようとします。
 ミンミンに気があるカス・カーナビーの奮闘と、駆け付けた2号のマグネッター、さらにパーカーの活躍で無事救助成功となります。

|

« たいへんご無沙汰していました | トップページ | 久々に.... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/52474207

この記事へのトラックバック一覧です: 久能山東照宮:

« たいへんご無沙汰していました | トップページ | 久々に.... »