« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月24日 (土)

スペースデブリ

Photo
 20年前に打ち上げられ、現在は宇宙ゴミとなって漂っている米航空宇宙局(NASA)の大気観測衛星「UARS」(長さ約10㍍、重さ約6㌧)が今月下旬から10月上旬にかけて落下する見通しだ。NASAは16日、衛星は23日にも大気圏に再突入、落下する可能性があるとの注意報を出した。
 大半は再突入時の摩擦熱で燃え尽きるが、NASAは26個の破片(計532㌔)が地上に落下し、人に当たる確率は3200分の1と推計している。落下地点を予測するのは難しく、NASAの担当者はABCテレビに「大気圏再突入の2時間前になるまで、予測できないのではないか」と語っている。破片は800㌔の範囲にわたり落下するとみられている。(静岡新聞より)

 米航空宇宙局(NASA)は20日、地球に落下しつつある重さ6.5㌧の人工衛星「UARS」は23日前後に大気圏に突入し、地上の人にけがをさせる恐れは3200分の1とする見通しを明らかにした。
 UARSは19日現在、高度210~230㌔の上空を周回、9日の発表時より高度は約40㌔低くなった。合計の重さが約500㌔となる26個の部品が燃え尽きずに、地上に落ちてくる可能性があるという。
 落下する場所はまだ特定できないが、NASAは、これまで宇宙からの人工衛星などの再突入により人が負傷した例はないと強調している。
 UARSは1991年にスペースシャトルで打ち上げられた上層大気研究衛星。2005年に運用を停止、宇宙ごみとなっていた。(静岡新聞より)

 台風の次は宇宙ごみの落下と、話題に事欠かない日が続きます。UARSはどうやら太平洋に落ちたみたいです。まずは一安心ですね。

 サンダーバードで衛星の落下と言えば、第32話「宇宙放送局の危機」の海賊放送衛星KLAです。大気圏に突入したKLAを追うサンダーバード2号に、分解した破片が飛んでくるという、ハラハラする場面がこちらです。
 UARSの報道で衛星の軌道が紹介されていましたが、大気圏突入の2時間前にならないと落下地点が予測できないのでは、2号でKLAを迎撃するのも難しいように思います。ジェフの指示を受けて発進したヴァージルとブレインズですが、いったいどこを目指して飛んだのでしょうか。半世紀後の未来では、落下地点の予測がもっと早くできるようになっているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

スペースデブリの脅威

Photo
 BSフジの番組で「ガリレオX スペースデブリの脅威/深刻化する宇宙ゴミ問題」を観ました。地球を周回するスペースデブリはここ数年で数を増し、さらにデブリ同士が衝突することで自己増殖することが紹介されていました。(ケスラーシンドローム) 
 デブリの破壊力は相当なもので、国際宇宙ステーションでは高度を調節して衝突を避けたり、帰還用の宇宙船に退避するなどの措置が必要になっているそうです。また、日本のHTV(宇宙ステーション補給機)も、デブリを避けながらの運用を余儀なくされているとのことです。
 デブリ対策として研究が進められているのが導電性テザーです。ロケット上段や人工衛星などの数百kgから数トンのスペースデブリに、漁網のような導電性テザーを取り付け、テザーに電気を流すと、地球の磁場の影響でブレーキがかかるような力が働き、デブリのスピードを下げることが出来ます。これにより高度が下がり、デブリはやがて燃え尽きます。大型のデブリにしか効果はありませんが、自己増殖によるデブリの増加を防ぐことが目的なのだそうです。

 さて以前にも記事にしましたが、第32話「宇宙放送局の危機」で、センチネル基地から打ち上げられたものの、2段ロケットの切り離しに失敗して爆破されるTELSATⅣです。国際宇宙コントロールは、どこに飛んでいくのかわからないTELSATを爆破させますが、軍事用ならいざ知らず民間用と思われるロケットに、自爆装置など装備しているものでしょうか?
 この爆発は、付近を通過していた海賊放送局KLAの衛星に大きなダメージを与えます。画面では爆発の直接的な影響を受けたように表現されていますが、飛散したスペースデブリの衝突のダメージも、かなりあったのではないかと妄想する雷おやじです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

航空大臣の机

Photo
 台風の影響で雨が降ったり止んだりの一日でした。外出するのも面倒なので、引っ越しの時に適当にしまっておいたおもちゃ類を整理しました。フルタのチョコエッグ戦闘機が入った靴箱を見つけ、外れた部品をはめ直しながら並べていたところ、何だか見覚えのある機体がありました。
 サンダーバード第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」に登場する航空大臣の机の上に、古めかしい戦闘機の模型が置いてあります。小生のチョコエッグコレクションに、機首が赤く塗られたミコヤンMig-15があります。英国の航空大臣の机の上に、旧ソビエトの戦闘機が置いてあるのも変ですし、尾翼の感じが違います。よくよく見たところ、ノースアメリカンF86Fセイバーに似ています。
 セイバーは朝鮮戦争で、「投入から休戦までの約2年間に損失78機に対し、撃墜数約800機と言う、実に10対1の戦果を上げ、その優秀性からF-86は世界各国で採用された」そうです。(ウィキペディアより) その優秀な戦闘機が航空大臣のお気に入りなのも納得できそうです。

 チョコエッグの戦闘機には、サンダーバードになじみの深いF104スターファイターや、J35Fドラケンがあります。いつの日かレスキュー機やZ団戦闘機、レッドアローに改造してやろうと思い何個か持っていますが、未だに妄想で終わっています。
 そんな事を考えながら片づけをしていたところ、「ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション」のVOL.8が届きました。さらに嬉しいことに、Web定期購読申込み限定のクリアーファイル(3枚)も同封されていました。天気はすっきりしませんでしたが、小生には良い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

きれいなお月様です

Photo

 ここ数日、きれいなお月様が見えますが、サンダーバード第1話「SOS原子旅客機」のラストで、アランとミンミンが見上げる月も、なかなかロマンチックですね。
 アメリカの大学を優秀な成績で卒業したミンミンですが、ロンドン空港から東京行きのファイアーフラッシュ号に乗ったものの、伯父であるフッドの陰謀により大変な目に遭ってしまいます。
 国際救助隊の初仕事が何とか成功し、無事にトレーシー島に戻ることが出来ました。アランとはおそらく留学前から恋人の関係だったのでしょうけれど、体を張ってファイアーフラッシュ号を着陸させたヴァージルが、ちょっぴり可哀そうなくらいの親密ぶりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

IKEAに行きました

Photo

 9.11から10年目だったり大震災から半年を迎えた今日ですが、日常生活を満喫できる喜びを噛みしめながら、カミさんと横浜のIKEAに行ってきました。カミさんが一仕事終えてからの出発だったので、何時に着くのか不安でしたが、東名高速が空いていたのと、最近の道路が反映されていないながらも頑張ってくれたカーナビのおかげで、予想以上に早く着きました。
 お昼少し前だったので何か食べたいと思いますが、せっかく駐車した車でまた外に出るのもしんどいと思っていたところ、店内にホットドックのセットを売っているコーナーがありました。(レストランもありましたが混んでいて断念しました。) 旨いとか不味いとかの話ではなく、巨大な店内を歩き回るだけのエネルギーは補給できました。
 とにかく広いです。足が棒になりそうなくらい歩いて歩いて、最後に通るのがセルフサービスエリアです。売り場で買いたいと目星をつけた大きい商品を、倉庫のような商品置き場から自分で探してレジに持ち込みます。
 お目当ての物や、何となく買ってしまった物もありますが、半日楽しく買い物が出来ました。地元に帰ってからさらにニトリに寄って、組み立て家具を買いました。
 夕食後、IKEAの家具とニトリの家具を組み立てながら気づいたのが、予備パーツの有無でした。IKEAの方には予備のねじなどが一切入っていませんでしたが、ニトリの方には別袋で予備のねじやシールなどが添付されていました。きっちり商品チェックをしているから予備部品は不要としているのか、不足していたら手配すれば良いと考えているのかわかりませんが、買い手が困らないようにあらかじめ予備部品を添付する日本的なサービスの在り方との違いを感じました。買い手にとっては有難いサービスですが、余ったねじは捨てられるか、工具箱の片隅に入れっぱなしになってしまいますので、無駄と言えば無駄ですし、全商品を考えると相当な資源の無駄遣いと言えそうです。

 さて家具の組み立てに欠かせないのがドライバーですが、サンダーバードでドライバーと言えば、第3話「ロケット”太陽号”の危機」で、ブレイマンを調整するブレインズが手にしているこの場面です。昔の潜水服のような外観のブレイマンを、ドライバー1本で調整するブレインズ。半世紀後も、この手の基本的な工具は廃れることなく使われ続けるのでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

Photo

 カミさんと買い物に行ったとき、待ち合わせの時間までの15分間で「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?(亀田潤一郎/サンマーク出版)」をサクッと立ち読みしました。(著者には申し訳ありませんが。)
 ”財布の値段の200倍がその人の年収”など、素直に受け入れて良いものか分からない部分もありますが、小生は「お金を丁寧に扱うことが大切」と受け止めました。お金の使途について大事に使うことは当然ですが、お金自体の取り扱い方を丁寧にすることが”お金に好かれる”ようになるのではないかと思います。
 小生は長年二つ折り財布を使用していましたが、ためしにと思って長財布と小銭入れを使うことにしました。クールビズで上着を着ていないので、長財布の持ち歩き方に困ります。バッグに入れておくと、支払いの時に出したり戻したり、小銭入れが別なのでこれも手間がかかります。
 正直なところ取り扱いが面倒なのですが、紙幣が折れ曲がらず真っ直ぐに収まりますので、紙幣からすれば心地よい仮住まいなのではと思います。お金を入れるときは金額別に分けて向きをそろえて、角が折れていれば出来るだけ伸ばしてあげます。
 最近は、お金を支払うときに紙幣を両手で持って店員さんに渡すようにしています。これまでは全く意識していませんでしたが、受け取る側も多少気持ちが良いのではと思いますし、小生の財布から旅立っていく紙幣も、気持ちよく仕事ができるというものです。
 この本に書かれていることでもう一つ実行しているのが500円玉貯金です。一日の終わりに財布の中身を整理しますが、その時に小銭入れの中に500円玉が入っていたら、貯金箱(サンダーバード・モダン展のときに買ったキャンディの空き缶です)に入れるようにしています。これがいっぱいになったら、またサンダーバードのプラモを...。

 さて、サンダーバードでもお金に関する話題や金額に関するセリフはあるのですが、実際に紙幣が画面に映ったことがあるのかと調べたところ、第22話「公爵夫人の危機」に登場するウィルバー・ダンドリッジ3世の執務室の場面に出てきました。ロイストン公爵夫人から奪ったカモシカの絵を、ダンドリッジ氏に売ろうとする泥棒一味ですが、それを察したダンドリッジ氏が迎え撃とうと金庫から拳銃を取り出す際に、米ドルと思われる紙幣の束が見えます。

 小生がダンドリッジ3世のような”稼ぐ人”になれるのかは分かりませんが、「この持ち主のお財布は、なかなか住み心地が良いぞ!」ということで、いっぱい仲間を連れてきてくれる事を願っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

世界最大のワニ

Photo

「世界最大」のワニ捕獲(静岡新聞より)
 フィリピン南部ミンダナオ島のアグサン州ブナワンで先週末、体長6.4㍍、重さ1075㌔の巨大ワニが捕獲された。巨大ワニは人間や水牛をのみ込んでいた可能性があるという。AFP通信が報じた。
 フィリピン環境天然資源省当局者によれば、これまで捕獲されたワニの中で「世界最大」だという。さまざまな世界一を集めたギネス・ワールド・レコーズのウェブサイトによると、これまでに捕獲された最大のワニは体長5.48㍍。(マニラ時事)

 体長6.4メートルとはすごいですね。サンダーバードで言えばペネロープ号と同じ長さです。(「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」より)
 第15話「大ワニの襲撃」に登場する、サーミンで巨大化したワニは何メートルでしょうか? 大ワニが研究所の窓に、長い口を入れようとしている場面があります。この窓の幅を1メートルと仮定して、大ワニの口元の幅(目より手前のあたり)もほぼ同じサイズなので同じく1メートル程度でしょう。この口元の幅を基準に、ラストに出てくるミンミンのプレゼントのワニの全長と比較(口元の幅:全長が概ね1:20)すると、大ワニの長さは20メートル程と思われます。
 普通サイズのワニの長さがどれくらいなのかわかりませんが、仮に4メートルとしても一晩で5倍の大きさになってしまうサーミンとは、物凄い効力をもった薬ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

池上 彰の現代史講義~歴史を知ればニュースがわかる~

Ejenntochato
 ジャーナリストの池上 彰さんがBSジャパンの番組で、信州大学の学生さんを相手に、第二次世界大戦以降の現代史を講義するという番組が始まりました。詳しくはこちらからhttp://www.bs-j.co.jp/gendaishi/midokoro.html
 9月4日(日)
夜8時からの「 チェルノブイリからフクシマヘ 」、9月5日(月) 夜9時から「東西冷戦とベルリンの壁崩壊」を観ました。2時間の番組ですが、いつもの池上流にわかりやすく解説してくれますので、小生でも大丈夫でした。
 チェルノブイリの回では、フクシマの水素爆発よりもチェルノブイリの水蒸気爆発の方が遥かに爆発力があり、高度2000mまで放射性物質が拡散され、ヨーロッパ中を恐怖に陥れたと説明されていました。フクシマでも水素爆発で建屋が吹き飛び、放射性物質が広範囲にまき散らされましたが、IAEAの基準上は同じ最高レベルの深刻度ですが、チェルノブイリのほうが遥かに深刻な事故だったそうです。(そうはいっても、現実に放射能の被害をうけている地域の皆さんの深刻さが弱まるものでもありませんが。)
 冷戦とベルリンの壁の話もなかなか興味深いものがありました。第二次大戦後のヨーロッパで繰り広げられていた東西冷戦。ベルリンをめぐる争い。東側諸国に現れていく自由化の波など。サンダーバードの製作当時は、こんな世界情勢だったことを考えると、サンダーバードの物語にも少なからず影響を与えていたのかもしれません。
 池上さんが世界地図を示しながら講義をする姿を見ていたら、第21話「にせ者にご注意」のエージェントマップを連想しました。さてさて、2065年にはどんな世界になっているのでしょうか? 池上さん、教えてくださーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

SOS原子旅客機

1
 昨日、「ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション」の7号が届きました。隔週火曜日の発売なのに、前号は日曜日、今回は土曜日と早く届くのでちょっぴり嬉しい気分です。3号までは書店で購入していましたが、火曜日でないと売り場にありません。(最近は書店に立ち寄る機会が無く、早めに並んでいるのかわかりません。)
 第1号のサンダーバードDVDを居間のテレビで観ていたところ、フッドの光る眼の場面と、トレーシー・ヴィラの隊員パネルの目が点滅するところで、家族から大笑いされてしまいました.....。まあ、ここは確かに笑いのツボかもしれませんが。連絡が入るたびに目がピカピカするのも、どうかと思いますね。
 さて、第1話には英語のタイトル表示が映りません。お遊びでこんな絵にしてみました。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

ペイントソフト

Photo_6

 引っ越しを機にパソコンをとりかえました。今までのPCは画面が突然暗くなったり、動きが緩慢でイライラさせられ通しでした。新しいPCはネットもサクサク出来ますし、ストレスなくブログを更新できると思ったのですが、イラスト用のソフトがウィンドウズ7に対応していませんでした。
 思い切ってペイントソフトを新しくしようと決めて購入し、インストールをしたのですがソフトが動いてくれません。よくよく箱に書いてある動作環境を読んでみると、ウィンドウズXPしか書いていません。「やってしまったー!」と蒼くなりかけましたが、以前この会社のホームページを読んだ際に、無償でアップグレードできるダウンロード画面があったのを思い出しました。無事に動くようになり、ようやく一安心です。
 このソフトには解説ビデオが付いていますが、一番驚いたのが写真から自動的にイラストを描く機能があることでした。僅か数秒で写真がイラストになってしまいます。なかなか自分が求めているものにはなりませんが、ペンタブレットを使って何時間もかけて描くことを考えれば(描くのも楽しいのですが)夢のような機能です。
 このおかげで、イラストを描く時間を節約して記事を書いたり、ほかのこと(秘密基地のプラモデルを作るとか??)に力を向けられるようになりました。手抜きのイラストですが、ご勘弁ください。
 Photo_7

 ちなみにこちらが、以前手書きで描いたものです。こちらも写真を基にしてなぞり書きしていますが、けっこう時間がかかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ティンティンの冒険?

Tintin

 映画館で「タンタンの冒険・ユニコーン号の秘密(スティーブン・スピルバーグ監督)」のチラシを貰いました。スピルバーグ製作の映画はよく見かけますが、監督作品は久々のような気がします。キャストに「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベルや、ダニエル・007・クレイグの名がありましたので、実写と思っていましたがフルデジタルCGの3D作品でした。
 原題が「THE ADVENTURES OF TINTIN:THE SECRET OF THE UNICORN」とあります。サンダーバードのファンとして、TINTINとくればティンティン(ミンミン)を連想せずにおれません。原作の漫画はベルギーのエルジェ作ですが、言語はフランス語のようで、仏語ではタンタン、英語ではティンティンになるのでしょう。
 我が家にも1冊だけ「タンタンの冒険旅行/黒い島のひみつ(福音館書店)」がありました。全頁カラー刷りで絵がきれいですし、笑いありアクションありで楽しく読めます。
 このお話には何機か飛行機が登場しますが、後半で国際警察のデュポン氏とデュポン氏が、整備中の黄色い飛行機を無理やり飛ばさせる場面があります。どこかで見たことがあると思ったところ、映画「サンダーバード6号」でおなじみのタイガーモスでした。整備工に操縦させていますが、この人も操縦するのは初めてということで、かなり危ない飛び方をします。ラストには航空ショーに乱入して、派手なアクロバット飛行のあげく墜落してしまいます。(最高得点で優勝トロフィーをもらいます。)
 絵本のCopyrightのところに1946とありますので、第二次世界大戦後まもなくの作品のようです。サンダーバードのスタッフが、20数年前に読んだ絵本のタイガーモスのアクロバット飛行をヒントにして、映画「サンダーバード6号」を作ったのではないかと、無理やり妄想する雷おやじです。さらに、ティンティンの名前もTINTIN(タンタン)から頂いたのではないかと妄想(暴走?)する雷おやじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »