« 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? | トップページ | きれいなお月様です »

2011年9月11日 (日)

IKEAに行きました

Photo

 9.11から10年目だったり大震災から半年を迎えた今日ですが、日常生活を満喫できる喜びを噛みしめながら、カミさんと横浜のIKEAに行ってきました。カミさんが一仕事終えてからの出発だったので、何時に着くのか不安でしたが、東名高速が空いていたのと、最近の道路が反映されていないながらも頑張ってくれたカーナビのおかげで、予想以上に早く着きました。
 お昼少し前だったので何か食べたいと思いますが、せっかく駐車した車でまた外に出るのもしんどいと思っていたところ、店内にホットドックのセットを売っているコーナーがありました。(レストランもありましたが混んでいて断念しました。) 旨いとか不味いとかの話ではなく、巨大な店内を歩き回るだけのエネルギーは補給できました。
 とにかく広いです。足が棒になりそうなくらい歩いて歩いて、最後に通るのがセルフサービスエリアです。売り場で買いたいと目星をつけた大きい商品を、倉庫のような商品置き場から自分で探してレジに持ち込みます。
 お目当ての物や、何となく買ってしまった物もありますが、半日楽しく買い物が出来ました。地元に帰ってからさらにニトリに寄って、組み立て家具を買いました。
 夕食後、IKEAの家具とニトリの家具を組み立てながら気づいたのが、予備パーツの有無でした。IKEAの方には予備のねじなどが一切入っていませんでしたが、ニトリの方には別袋で予備のねじやシールなどが添付されていました。きっちり商品チェックをしているから予備部品は不要としているのか、不足していたら手配すれば良いと考えているのかわかりませんが、買い手が困らないようにあらかじめ予備部品を添付する日本的なサービスの在り方との違いを感じました。買い手にとっては有難いサービスですが、余ったねじは捨てられるか、工具箱の片隅に入れっぱなしになってしまいますので、無駄と言えば無駄ですし、全商品を考えると相当な資源の無駄遣いと言えそうです。

 さて家具の組み立てに欠かせないのがドライバーですが、サンダーバードでドライバーと言えば、第3話「ロケット”太陽号”の危機」で、ブレイマンを調整するブレインズが手にしているこの場面です。昔の潜水服のような外観のブレイマンを、ドライバー1本で調整するブレインズ。半世紀後も、この手の基本的な工具は廃れることなく使われ続けるのでしょう。
 

|

« 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? | トップページ | きれいなお月様です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/52706948

この記事へのトラックバック一覧です: IKEAに行きました:

« 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? | トップページ | きれいなお月様です »