« 2&2展 | トップページ | RiUP始めました...。 »

2011年10月10日 (月)

小松崎 茂展

Photo

 先日、本屋さんで久しぶりに模型雑誌を見ていたところ、静岡ホビースクエアで「空想科学を描き続けた巨匠 小松崎茂展 ~僕らが夢見た未来~」が開催されているのを知りました。7月に「山田卓司ジオラマ展」を見に行って以来、ホビースクエアのことはノーチェックでした。おかげで小松崎さんの展示会が9月23日から本日10月10日まで開催されているのを全く知りませんでした。連休の最終日の今日になってようやく見に行くことができました。
 以前東京まで同様の展示会を見に行ったことがありましたが、その時は太平洋戦争関係のものが多かったように思います。今回は「僕らが夢見た未来」とあって、小生の嗜好に合った原画が多く展示されていました。「SFメカニックファンタジー 小松崎茂の世界(ラピュータ/根本圭助監修)」に掲載されているものは殆どあったのではないかと思います。小生が一番好きな「地球大脱出(未来版ノアの方舟)」もじっくり鑑賞できました。
 会場入口のモニターで、1993年ごろの小松崎さんを特集したビデオが再生されていました。幼少期から絵が得意で日本画家に弟子入りしたものの、戦車や飛行機ばかり描いていたため辞めさせられてしまったことや、戦時中は軍の命令で「機械化」などの雑誌に数多くの戦闘場面を描き、戦後は絵物語や少年誌の口絵、プラモデルの箱絵や映画のメカニックデザインなど幅広く活躍した様子が紹介されていました。
 このビデオの中で小松崎氏が、「絵を描かせてくれた世間様に感謝している」というようなことを仰っていました。戦中戦後を通じ日本人に夢と希望を与え続けた小松崎氏が、驕ることなく感謝の言葉を述べる姿に胸が熱くなりました。
 SFファンタジー系以外にも、戦艦や戦闘機、絵物語の挿絵、サンダーバードをはじめとするボックスアートなどが展示され、会場の最後の方には浅草や銀座の風景を描いた作品もあり、小松崎さんの奥深さを感じました。

 展示室を出るとショップがあり、作品の複製画や絵葉書、書籍類が販売されていました。その中に、以前買うのをあきらめていた「小松崎茂 バンダイボックスアートクレクション(トイズワークス)」が、展示会特別価格(半額)で販売されているのを見つけ、「異能の画家 小松崎茂(根本圭助/光人社NF文庫)」と共に購入しました。当分の間、小松崎ワールドが小生の頭から離れそうにありません。

|

« 2&2展 | トップページ | RiUP始めました...。 »

コメント

僕も行きましたよ。
楽しい展示でしたね。
僕は体調が悪いときに見にいってしまったので、もう一度見たかったです。

投稿: たなかよしみ | 2011年10月13日 (木) 01時12分

たなかさんコメントありがとうございます。
 9月からやっているのをまったく知らずに、模型雑誌を立ち読みしなかったら、見に行くことも出来ませんでした。偶然とはいえラッキーでした。
 家族はオープンしたばかりの「セノバ」で買い物、小生は静岡鑑定団経由ホビースクエアの旅でした。

投稿: 雷おやじ | 2011年10月14日 (金) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/52958877

この記事へのトラックバック一覧です: 小松崎 茂展:

« 2&2展 | トップページ | RiUP始めました...。 »