« 吹奏楽 | トップページ | エアフォースワン »

2013年2月26日 (火)

ビクトル・ユゴー

Parker
 新聞の歴史ごよみに、「2月26日ビクトル・ユゴー生誕」とありました。

 19世紀ロマン主義文学に理論的支柱を与えた作家、ビクトル・ユゴーがフランス東部ブザンソンで生まれた。少年期から頭角を現すが、自由主義思想に目覚め、51年、ナポレオン3世に抵抗して亡命し小説「レ・ミゼラブル」などを執筆した。(1802年) (静岡新聞より引用)

 レ・ミゼラブルといえば現在公開中のミュージカル映画です。小生も先日カミさんと観に行きました。主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマンの熱演や、ファンテーヌ役のアン・ハサウェイ(第85回アカデミー助演女優賞受賞)がロングヘアーを刈られる場面が話題になりましたが、これは本当にお勧めの映画です。

 過去を捨て別人としての人生を歩み続けるジャン・バルジャンですが、法の番人ジャベール警部(自分を許せなくなって身を投げるなんて、何てストイックな人なんでしょう!)が執拗に彼を追い続けます。革命騒ぎを経て、コゼットの幸せを見届けたバルジャンは一人去って行きます。死を前にしてようやく彼の魂が救済される場面には、涙がとめどなく流れ落ちました。

 さて、この話題になぜパーカーのイラストなのかと言いますと、「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」によれば、パーカーは2013年5月30日生まれです。2065年時点ですと52歳ですから、小生と同じ歳になります。カミさんと映画を観に行くと、夫婦50歳割引(どちらかが50歳以上の場合、二人で2000円)を使わせていただくのですが、その度に「歳をとるのもまんざら悪くないな」と感じます。自分では50過ぎのおじさんの実感は無いのですが、他人様にはパーカーのようなおじさんに見えているのでしょうね...。

|

« 吹奏楽 | トップページ | エアフォースワン »

コメント

前回のレディースデイで「レ」(略しすぎ笑)と
「ライフ・オブ・パイ」で迷い、虎の方を選びました。
←監督賞オスカー獲りましたね。
今度は必ず「レ」観ます✨

昔の50代と今の50代では雰囲気全く異なりますね。
平成の50代、若くて素敵な御仁多い…。
アロイシャス、52歳。能ある鷹の爪は鋭すぎます(惚)

投稿: MJL | 2013年2月27日 (水) 12時09分

MJLさん、コメントありがとうございます。
 宿直+飲み会+残業少々=コメント返し遅延となりました。お詫びいたします。
 「レ」お勧めです。最近は映画館に行くことが減ってしまいました。今年は「レ」を入れてまだ4本だけです。(3本目までは全部アクション映画でした。)TVでCMを流している旬のうちに観に行かないと足が遠のいてしまいます。アカデミー監督賞を受賞したことですし、「ライフ・オブ・パイ」をカミさんと観に行こうと思います。

投稿: 雷おやじ(宿直明け) | 2013年3月 1日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/56847283

この記事へのトラックバック一覧です: ビクトル・ユゴー:

« 吹奏楽 | トップページ | エアフォースワン »