« TB博 帰り道 | トップページ | 「風立ちぬ」から、あれこれと その2 »

2013年8月28日 (水)

「風立ちぬ」から、あれこれと

Photo

 今年の夏は異常な暑さですね。あまりの暑さでブログ記事を書く気にもならず、1か月も放置状態でした。ようやく朝夕が過ごし易くなり、パソコンに向かう気になりました。

 過日、宮崎駿監督のアニメ「風立ちぬ」をカミさんと観ました。飛行機開発と悲恋を絡めた佳作と思います。カミさんは、「飛行機に興味がある人には良いかもしれないけれど、何だかなー。」という感想でした。
 小生は、公開前の特番でエンジン音などの効果音を人間の口で表現していると紹介していたので、その場面の違和感が凄くて、口でやっていることが気になって仕方がありませんでした。
 その特番で花嫁衣装の菜穂子の色指定について説明していたのを思い出して、渡り廊下を上司の奥さんと歩いてくる場面では目頭が熱くなりました。(薄暗がりの廊下の場面では、菜穂子の肌は生気の無い色で、病状の悪さを感じさせます。結婚式を執り行う部屋で二郎の目に映る菜穂子の顔は、美しい肌色をしています。)
 ラスト近く、九試単戦の試験飛行の場面で二郎が山の方を振り向きます。菜穂子がサナトリウムに戻ったことを二郎が知っているのか判りませんが、菜穂子の気配を感じたのでしょうか。観ているときは、菜穂子が死んでしまったことを表現しているのかと思ってドキリとしました。それとも菜穂子に試験飛行の成功を知らせたかったのでしょうか。
 鑑賞から数日後、「風立ちぬ ビジュアルガイド(角川書店)」を購入しました。件の場面については「現場に巻き起こる成功の高揚に包まれながら、しかし、二郎は菜穂子を感じてハッとする。」となっています。

 このビジュアルガイドに「風立ちぬを育んだもの」というページがあります。飛行機好きの宮崎監督が、飛行機を描いた作品への愛着を示すものとして、「人間の土地(サン=テグジュペリ)」「単独飛行(ロアルド・ダール)」「ブラッカムの爆撃機(ロバート・ウェストール)」などが紹介されています。
 片道5分の電車の中で「人間の土地(新潮文庫)」をちびちびと読んでいます。表紙絵と巻末の「空のいけにえ」と題した作品紹介を宮崎監督が書いています。「単独飛行」を書店で探していますが今のところ見つかっていません。

 いま最もハマっているのが、ロバート・ウェストールの作品です。「ブラッカムの爆撃機(岩波書店)」には宮崎監督の漫画エッセイが収録されており、このエッセイを堪能したのちに小説を楽しむという趣向です。
 小生は、宮崎監督が描くウェリントン爆撃機(ウィムピー)C号機の内部図解に感激でした。(こんなの作ってみたい!とまた妄想)
 それからというもの、図書館の児童書コーナーでウェストール氏の作品を借りまくっています。作品のほとんどが第二次世界大戦中のイギリスを舞台にしています。チャス・マッギル少年を主人公とした「機関銃要塞の少年たち」「水深五尋」「チャス・マッギルの幽霊(ブラッカムの爆撃機に収録)」の3作、「海辺の王国」の孤独な少年、平和を取り戻した戦後の世界では「かかし」がなかなかスリル満点。

 昨日読み終わったのが「猫の帰還」です。猫ってこんなに歩けるの?と思うほど移動しますし、ご主人の居場所を感じ取る第六感が備わっているようです。黒猫が幸運を呼ぶというのを、あちらの国の人は信じているようです。主人公の猫ちゃんロード・ゴートも、出会う人たちに幸運をもたらして次の場所へと行ってしまいます。終盤にはウェリントン爆撃機に乗り込んで爆撃作戦に参加したり、ドイツの戦闘機をいち早く察知して銃手に知らせるなど大活躍です。
 もうひとつびっくりしたのが産婆猫の事でした。雌猫のロード・ゴートが旅先で身籠るのですが、その出産の際に産婆役の猫を連れてきて介助してもらうのでした。(羊膜を破ったり、臍の緒を噛み切ったり、体をなめてあげたり。) 病院などで人の手を介しての出産ではなく、野良猫の世界ではそのようなことが行われているのでしょうか?

 さて、「風立ちぬ」からロバート・ウェストールの作品につながりましたが、なぜ「サンダーバード6号」のタイガー・モスのイラストなのかと言いますと、「猫の帰還」の終盤で、タイガー・モスが登場するからでした。
 ロード・ゴートのご主人(パイロット)が上官の個人所有のタイガー・モスを操縦する場面で、空中でガス欠になったタイガー・モスを慌てることなく着陸させます。
 「タイガー・モスは、エンジンをかけていても、切ったあとでも、いかにも気だてのいい子だ。グライダーのように優雅に息を抜きながらおろして、ジェフリーは見事な三点着陸で、マーチの南にある爆撃機飛行場につけた。」

 図書館には他にもウェストール氏の作品がありますので、当分楽しめそうです。

|

« TB博 帰り道 | トップページ | 「風立ちぬ」から、あれこれと その2 »

コメント

今日は、3号を買ってきました。
物があるうちにと、1号も買ってしまった。(持っているのですが)

投稿: ひげおやぢ | 2013年9月 8日 (日) 19時36分

ひげおやぢさん、お久しぶりです。
 小生も3号買いました。シンプルな部品構成ですが、プロポーションは良さそうですね。アオシマさん、ありがとう!!
 猛暑が始まる前は少しはプラモいじりをしていたのですが、あまりの暑さ(小生の部屋にはエアコンが無いのです)と、晩酌のビールが効いて眠くなり、作る気が無くなっていました。
 ようやく涼しさも感じられるようになったので、また再開したいと思います。

投稿: 雷おやじ | 2013年9月 8日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/58083780

この記事へのトラックバック一覧です: 「風立ちぬ」から、あれこれと:

« TB博 帰り道 | トップページ | 「風立ちぬ」から、あれこれと その2 »