« 月に小天体衝突 | トップページ | サンダーバード3号&発射基地 »

2014年5月 3日 (土)

深川の雪

40shunen

 GW後半、いかがお過ごしでしょうか。小生は本日、家族と箱根の岡田美術館に行ってきました。
 
 TVでさかんに紹介されていた、歌麿の巨大な浮世絵「深川の雪」が目当てです。場所の確認のためホームページを検索した際、入館料2800円に驚きましたが見応えのある展示に満足しました。

 展示の中心は陶磁器ですが、素人の小生にも素晴らしさは感じられました。屏風絵や美人画も美しいものが揃っています。前を歩くご夫婦は陶芸にお詳しい様子で、模様の特徴や作者の事を話しながら鑑賞されていました。お二人の会話を小耳に挟みながら、こんな風に鑑賞できたらいいなと思った次第です。

 GWですし、「深川の雪」を観に多くの方で混雑しているものと思っていましたが、入館料の高さのせいでしょうか(?)、ゆったりと鑑賞できました。縦199cm横341cmの巨大な掛け軸に、総勢27名の人物が描かれています。本当にこれは日本の宝ですね。「雪月花3部作」のうち2作がアメリカに渡ってしまったのは残念ですが、日本にも多くの絵画が輸入展示されていることを思えば、やむなきことでしょう。「品川の月」「吉原の花」の写真も掲示されていましたが、できれば本物と同じサイズにして欲しかったです。

 春画の浮世絵展示が18禁でありました。そのリアルなこと。当時はこの手の表現も許容されていたのでしょうか? いつの時代も、人間の性への欲望は変わらないものですね。

 美術館の前庭には足湯があり、巨大な風神画を観ながらまったりとした時間を過ごせます。建物に入ると、入場券を買う前にロッカーへ携帯電話やカメラ類、飲み物等を入れなければなりません。入場券購入後、手荷物検査と金属探知機を通る厳重なセキュリティがあります。貴重な展示物がありますから仕方がないのでしょうが、連れとはぐれた小生は、携帯も手元に無いので連絡出来ず、館内呼び出しをお願いしました。

 さて、トレーシー邸のラウンジにも浮世絵が飾られています。ジェフほどの大富豪ならば、本物の歌麿作品を飾ることも出来るでしょう。ジェフと言うより、サンダーバードの製作スタッフが、セットに浮世絵を配してくれた事に喜びを感じる雷おやじでした。

----------------------------------------------------------------------------

 「深川の雪」の展示は6月30日までのようです。次はどこで展示されるのでしょうか。

 美人画と言えば、静岡県三島市の佐野美術館で「鏑木清方」展が5月11日まで開催されています。こちらもお勧めです。

|

« 月に小天体衝突 | トップページ | サンダーバード3号&発射基地 »

コメント

宮台ってこういう下品な型にはめないとモノごとを理解できない残念な人だね これが大好評だったとき

投稿: インデックス | 2014年5月23日 (金) 18時25分

インデックスさん、コメントありがとうございます。
 宮台真司さんのことでしょうか? そういえば「おどろきの中国(講談社現代新書/橋爪大三郎×大澤真幸×宮台真司)」を半分読んで、別の本を読み始めてそれっきりにしていました。続きを読まねば。

投稿: 雷おやじ | 2014年5月23日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/59577671

この記事へのトラックバック一覧です: 深川の雪:

« 月に小天体衝突 | トップページ | サンダーバード3号&発射基地 »