2010年1月 6日 (水)

溝上さんの想い出

Photo  東大名誉教授で地震防災対策強化地域判定会の前会長だった溝上 恵さんが、先日亡くなりました。
 東海地震対策や予知研究、12年にわたり判定会の会長を務めるなど、静岡県民は溝上さんに大変お世話になったことと思います。
 講演活動にも熱心に取り組まれたそうで、小生も三島市や富士川町(現在は富士市に編入)で開催された講演を聴きに行った事があります。
 温かい口調でユーモアを交え、地震学や防災について市民にも解りやすく説明されていた印象があります。少し的が外れたような質問に対しても嫌がらずに、高圧的になる事もなく丁寧に回答していました。

 サンダーバードで例えれば、第20話「湖底の秘宝」のブレークリー教授のような方でしょうか。 溝上さんのご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

トラクシオン・アバン

Photo  第20話「湖底の秘宝」に登場するハッサン・アリのタクシーです。
 どこかで見たような車と思ったら、タミヤの1/48や1/35の「スタッフカー11CV」によく似ています。フロントグリルのデザインからも、シトロエン製の車であることは間違いありません。
 シトロエン・トラクシオン・アバンは1934年から1957年まで製造された前輪駆動車で、中型の7CV、11CV、大型の15CVがありました。
 サンダーバードのスタッフが、2065年(2026年)のエジプトで、なぜこの車をタクシーとして走らせたのでしょうか。
 ウィキペディアでシトロエン・トラクシオン・アバンを調べたところ、モンテカルロのホテル経営者フランソワ・レコ氏が、1935年から1936年の1年間にパリ~リヨン~モンテカルロ間をルートに、40万kmの耐久走破記録を樹立したエピソードがありました。
 また、第二次世界大戦中にドイツ軍が11CVを徴用し、東部戦線やアフリカ戦線、西部戦線で軍用車として使用したそうです。
 これらの記述からも、この車の耐久性の高さが感じられますので、サンダーバード制作当時から100年後の世界でも、アフリカの砂漠で走っていることにしたのでしょう。
 そしてもう一つ。英国市場向けを主とした右ハンドルのトラクシオン・アバンが、APフィルムズがあったスラウ工業団地で生産されていたことも、この車が登場した理由だったのかもしれないと妄想する雷おやじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

タルブーシュ

Photo  第20話「湖底の秘宝」に登場するタクシーの運転手です。ブレイクリー教授から料金を受け取り、「こんなに貰って良いんですか?」と喜んでいます。
 さて、小生がこの場面で気になったのが後部座席の仕切り窓に貼ってある水着姿の女性の写真です。
 このお話の舞台は、サンダーバード2号がギザの3大ピラミッド上空を通過することからも、エジプトで間違いないと思います。
 この運転手がエジプト人だとすれば、イスラム教徒である可能性が高いでしょう。詳しくは知りませんが、女性の肌の露出には厳しい戒律があるようですので、このような写真を貼るのは好ましい事とは言えません。
 サンダーバードのスタッフにイスラム教徒への配慮が無かったのではないかと思ったのですが、この運転手が被っている赤いトルコ帽(フェズ)が気になります。もしかしたら彼はトルコ系のエジプト人か、トルコから出稼ぎに来ているのかもしれません。
 そこで、ウィキペディアで「フェズ」を調べてみました。エジプトではタルブーシュと呼ばれるそうで、19世紀から20世紀初頭にかけてオスマン帝国とその周辺地域で流行しました。
 オスマン帝国が近代化改革で文官・武官共に洋装を取り入れることになった際に、従来イスラム教徒が頭に巻いていたターバンに代わるものとして導入されました。フェズは近代化のシンボル的存在として親しまれ、ムスリムだけではなくキリスト教徒やユダヤ教徒の間でもフェズを着用することが多くなったそうです。
 トルコ共和国の建国後はフェズの着用が禁止され、トルコ以外の旧オスマン帝国地域でも現在ではほとんど姿を見ることはなくなっているとか。
 さてこの運転手さんはムスリムなんでしょうか? サンダーバードのスタッフが、この運転手にフェズを被せた理由を知りたいところです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

ALVIN

Photo  第20話「湖底の秘宝」に登場するフッドの潜水艇です。潜水艦と呼ぶには小型ですし、深海探査に使われている潜水艇に近い感じです。そんな訳で、潜水艇の歴史を少し調べてみました。

 1964年に建造されたALVIN号は、ガソリンを浮力材としていたそれまでの潜水艇と異なり、シンタクティックフォームという新しい浮力材を用いた第二世代の潜水艇です。これにより小型軽量化が図られ、世界中の海での調査潜航が可能になったそうです。
 また、ALVIN号は1967年にアメリカ軍機が誤ってスペイン沖に落としてしまった水爆を回収する活躍をしました。
 現在は大幅な改修が加えられ、建造当時から残っているのはALVINという名前だけだそうです。

 さて、フッド氏はこの潜水艇をどうやって手に入れたのでしょうか。自分で建造する力は無いと思いますし、マレーシアの密林にあるアジトからエジプトまで運搬するとも思えません。
 おそらく第6話「原子炉の危機」で政府の研究施設からマイティアトムを盗んだ時のように、どこかの国か研究機関から盗んだのかもしれません。世界一恐ろしい死の商人と形容されることからも、その手の闇市場で入手した可能性もあります。
 湖底の秘宝は手に入らず、せっかくの潜水艇もサンダーバード4号にあっさり撃沈させられてしまいます。この人、本当にお金儲け出来ているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

眠る前の裏技?

Photo  先日のテレビ番組でタレントさんが「夜、布団に横になったら作り笑いでもいいから笑顔になって寝ると、翌日が快適に過ごせる。」という趣旨の事を言っていました。
 また、別のタレントさんも「作り笑いでもいいから笑顔になると、前頭葉が刺激されて脳が活性化する。」というような事を言っていました。
 何に基づいているのか根拠などは示されませんでしたが、お二人は実践しているようです。影響されやすい小生は、ここ数日”作り笑い”をしながら横になっています。

 さて、サンダーバードで笑顔と言えば第20話「湖底の秘宝」のブレークリー教授ですね。この人、怒った事が無いのではと思えるほど笑顔が似合っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

熱中症にご注意

Photo  毎日暑い日が続きます。熱中症にならないよう、適度な休息と水分補給をお忘れなく。

 第20話「湖底の秘宝」で、悪漢フッドに生き埋めにされたブレインズを助け出す、スコットとゴードンです。灼熱の砂漠に首まで埋められて、息も絶え絶えなブレインズに向かって、スコットは「誰がこんなひどいことをしたんだ?」と質問します。
 そんな事を聞くよりも、まず涼しいトレーラーに運び込んで水分をあげて欲しいですね。何だかスコットはブレインズの状態を気にかけるよりも犯人探しに気が行っているように見えてしまいます。それに比べて、酷い目にあったブレインズのほうがミンミンを気にする心配りを見せます。
 と、ここまで書いてからDVDで再確認したところ、スコットもそこまで気配りしていない訳ではありませんでした。この場面で傍らに水筒でも置いてあれば良かったのですが。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

微笑みのひと

Photo_141  信号待ちで対向車をぼんやりと見ていたときの事です。無表情な人、何だかイライラした感じの人、携帯電話を掛けながら片手運転する人など、いろいろな人がいます。
 そんな中に笑顔の女性がいました。同乗者がいない様子だったので会話が面白かったという訳ではなく、何か面白いラジオでも聴いていたのかもしれませんが、もしかしたらあの笑顔がこの人の普通の表情なのかもしれないと思いました。
 日常生活には色々な場面がありますから、笑ってばかりもいられないとは思いますが、普段の何でもない状態でも自然に笑顔でいられたら素晴らしいと感じました。何か良い事が起きたら、もっと凄い笑顔になりそうです。
 自分には欠けている事だと気付き、車を運転しながら笑顔になってみたのですが、ぎこちない表情になってしまいます。心の中が安らかになり、その状態が自然に反映されなければ、あの笑顔にはなれません。
 「この世の悩みがゼロになる(小林正観著 大和書房)」に、《眉と眉の間には十八本の神経が通っていて、そこをキュッと刺激されると、脳が老化物質を出すらしいのです。》 《老化物質を出したときに、これを止める方法があります。口角から指三本分の、エクボのところ、ここを刺激するのです。笑顔のツボでもあります。(中略)笑うと、いつも笑顔のツボを刺激して、老化物質を止める事ができます。だから、必ず眉の間を開けて、口元を上げるようにしましょう。》という記述があり、笑顔の事が気になっていたのですが、具体的にどうすれば良いのかその女性が教えてくれたように思います。

 サンダーバードで一番の笑顔の人と言えば、第20話「湖底の秘宝」のブレークリー教授でしょう。タクシーで待ち合わせ場所に訪れてから、ラストの病室の場面まで笑顔を絶やさない人です。唯一の例外はフッドに暴行されてトレーラーハウスの床に倒れているところだけです。おそらく潜水が出来ない(?)ため、ブレインズとミンミンに湖底での発掘を任せているものの、研究の成果が実る喜びや新たな発見への期待など、心から楽しんでいる様子です。そんな喜びが笑顔につながっているブレークリー教授を小生も見習おうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

アナスタ湖はどこに?

Photo_166  TBSで夕方6時30分から4時間半のスペシャル番組「古代エジプト大冒険 黄金・ミイラ・大発掘 究極の48マル秘ミステリー全解明スペシャル!」が放送されました。エジプト大好きな小生は、また行きたくなってしまいました。

Photo_167   さて第20話「湖底の秘宝」には、ギザの台地に並ぶ三大ピラミッドの上空をTB2号が通過する場面があります。残念ながら配置や形が異なったり、付属の衛星ピラミッド、葬祭殿や河岸神殿といったものが省略されています。
 TB2号はクフ王からメンカウラー王のピラミッドに向かって横切る事から、飛行ルートは北から南へ向かっている事が判ります。
 ピラミッド上空を通過する際、ミンミンが「あと2時間で着く」と言っています。トレーラーを2号から降ろしたり、着陸地点から5km先でブレイクリー教授と合流との台詞もありますので、飛行時間は概ね1時間程でしょう。
 2号が救助活動時の飛行速度ではなく、ゆっくりとしたスピードで進んだと考えると、アナスタ湖はおそらくナセル湖のあたりに存在するのではないでしょうか?
 ナセル湖は1970年に完成したアスワンハイダムによる人造湖で、全長500km幅10kmもあります。この巨大な湖の中に数々の遺跡が水没する事となり、ユネスコによる救済事業が行われ、アブシンベル神殿やフィラエ島のイシス神殿などが高台に移されました。ミンミンの台詞の中に「神殿を人が見るのは100年ぶり」とあり、アナスタ湖の遺跡もアスワンハイダムの完成に伴って水没した可能性があります。
 ナセル湖は故ナセル大統領の名を冠していますが、2065年までの間に何らかの理由で呼び名が変わったのでしょうか。また、湖面に速めの水流が見られますので、ナセル湖に繋がる支流のような湖をアナスタ湖と呼んでいるのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

残暑お見舞い申し上げます

Photo_224  第20話「湖底の秘宝」のブレインズのようなカラカラに干上がった状態までは行かないと思いますが、本当に暑い日が続きます。熱射病やら熱中症にならぬよう適度な休養と水分補給の程、ご自愛下さいませ。
 さてこの場面、観ていて何か違和感を覚えてしまうのです。それはフッド氏のイスラム風の(おそらくエジプト人)変装のせいです。厳めしい頭巾を被り、弾帯を肩に掛けて遊牧民に化けているつもりなのでしょうが、着ている物が何だか日本の浴衣かキモノみたいですし、帯まで締めています。
Photo_225
 今から十数年前、エジプトを旅行した際に民族衣装のガラベーヤとスカーフをお土産に買いました。ガラベーヤは白や薄い色で、袖口が広くなっており、暑い国らしい工夫が施されたエジプト人の普段着です。ゆったりとした服で被るタイプですから、帯で締め付けるとせっかくの通気性が台無しになると思います。
 故アラファト議長のトレードマークだったあのスカーフも買いました。自転車の荷台に使うようなゴム製の輪で頭に止めます。スカーフも明るい色使いですが、フッド氏の頭巾のような色ではさぞかし暑苦しいと思います。
 お値段はガラベーヤが12米ドル、スカーフとバンドが25£E(エジプトポンド)でした。(当時のレートで1ドル約113円、1£Eが約40円でした。)
 という訳で、エジプト人風に変装するならばこうなるだろうと思います...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ