2011年9月10日 (土)

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

Photo

 カミさんと買い物に行ったとき、待ち合わせの時間までの15分間で「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?(亀田潤一郎/サンマーク出版)」をサクッと立ち読みしました。(著者には申し訳ありませんが。)
 ”財布の値段の200倍がその人の年収”など、素直に受け入れて良いものか分からない部分もありますが、小生は「お金を丁寧に扱うことが大切」と受け止めました。お金の使途について大事に使うことは当然ですが、お金自体の取り扱い方を丁寧にすることが”お金に好かれる”ようになるのではないかと思います。
 小生は長年二つ折り財布を使用していましたが、ためしにと思って長財布と小銭入れを使うことにしました。クールビズで上着を着ていないので、長財布の持ち歩き方に困ります。バッグに入れておくと、支払いの時に出したり戻したり、小銭入れが別なのでこれも手間がかかります。
 正直なところ取り扱いが面倒なのですが、紙幣が折れ曲がらず真っ直ぐに収まりますので、紙幣からすれば心地よい仮住まいなのではと思います。お金を入れるときは金額別に分けて向きをそろえて、角が折れていれば出来るだけ伸ばしてあげます。
 最近は、お金を支払うときに紙幣を両手で持って店員さんに渡すようにしています。これまでは全く意識していませんでしたが、受け取る側も多少気持ちが良いのではと思いますし、小生の財布から旅立っていく紙幣も、気持ちよく仕事ができるというものです。
 この本に書かれていることでもう一つ実行しているのが500円玉貯金です。一日の終わりに財布の中身を整理しますが、その時に小銭入れの中に500円玉が入っていたら、貯金箱(サンダーバード・モダン展のときに買ったキャンディの空き缶です)に入れるようにしています。これがいっぱいになったら、またサンダーバードのプラモを...。

 さて、サンダーバードでもお金に関する話題や金額に関するセリフはあるのですが、実際に紙幣が画面に映ったことがあるのかと調べたところ、第22話「公爵夫人の危機」に登場するウィルバー・ダンドリッジ3世の執務室の場面に出てきました。ロイストン公爵夫人から奪ったカモシカの絵を、ダンドリッジ氏に売ろうとする泥棒一味ですが、それを察したダンドリッジ氏が迎え撃とうと金庫から拳銃を取り出す際に、米ドルと思われる紙幣の束が見えます。

 小生がダンドリッジ3世のような”稼ぐ人”になれるのかは分かりませんが、「この持ち主のお財布は、なかなか住み心地が良いぞ!」ということで、いっぱい仲間を連れてきてくれる事を願っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

お楽しみはこれからだぁ!

Photo
 第22話「公爵夫人の危機」で、ロンドン航空ショーを楽しみにしてニコニコ顔のジェフです。サンダーバード2号の写真が壁に掛けられているのは、楽屋落ちでしょうか。

 小生のお楽しみ予定は、こんな感じです。
・「静岡科学館る・く・る」(静岡市)で2月14日まで開催中の「ロボットワールド」に行こうと思っています。2月13日、14日には、ロボットクリエイター高橋智隆さんの講演会があるそうです。
・沼津~東京駅、沼津~渋谷/新宿行き高速バスは時々利用しますが、2月28日まで片道1000円のキャンペーン中です。いつもの格安乗車券よりも更に安いので、期間中に利用して秋葉原や中野に行こうと思います。
・3月6日、7日には、清水港に地球深部探査船「ちきゅう」がやってきます。これは行かねばなりません!
・3月27日、28日は「モデラーズフリマin静岡」です。「模型探偵団」さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/mokeitanteidanが、自作のロボット模型「サンダーボーイ」を披露するそうなので、ぜひ拝見したいものです。
・5月15日、16日の「静岡ホビーショー」も絶対に行きますよー!
・7月には東静岡に等身大ガンダムが展示されるそうですが、「たなかよしみのおもちゃ箱/空想科学模型製作日誌」http://xbbs.knacks.biz/tanaka443#a1193の「タミヤ本社へいってきました。」の記事で、お台場以上の凄い事になると紹介されていました。楽しみですねー。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

THE ハプスブルク

Photo  格安高速バスでカミさんと東京に行きました。月曜日に休館していない美術館の中で目にとまったのが、国立新美術館の「THE ハプスブルグ」展でした。
 平日にも関わらず多くの入場者でいっぱいでした。ハプスブルク家の肖像画の中では、「11歳の女帝マリア・テレジア」、「オーストリア皇妃エリザベート」が印象に残ります。スペイン絵画のコーナーでは、エル・グレコの「受胎告知」が良いですね。
 年配の方たちが展示品の前をなかなか動こうとしなかったのが、明治天皇が贈った「風俗・物語・花鳥図画帖」でした。日本の品が展示されているとは思ってもいませんでした。
 
 新宿でカミさんと別行動となったので、性懲りも無く”オタクの殿堂”中野ブロードウェイに行ってまいりました。帰りのバスの時間がありますので短時間の探索となりましたが、バンダイのサンダーバード3号、イマイの5号、イマイのエックスカー(ゼンマイ動力)、イマイの超特大2号を購入出来ました。(合流したカミさんに紙袋を見られて、やんわりとお小言を頂戴しましたが。)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

Bricasso

Photo  第22話「公爵夫人の危機」に登場するカモシカの絵です。画家ブラカッソの中期の傑作とされていますが、名前の由来を知りたくなりました。
 名前の綴りを想像すると、BracassoかBlacassoでしょうか。カッソcassoの部分はピカソPicassoをもじっているように思われます。
 ブラカッソの名前を綴っている英語のファン・サイトが有るか探したところ、ピカソの作品と記述しているものがありました。疑問に思ってDVDで確認しましたが、何度試してもピカソとは聴こえません。ようやく探しあてた
http://www.clivebanks.co.uk/Thunderbirds/Duchessassignment.htmに、Bricassoとありました。どうやら英国BritishのBriにcassoを繋げているようです。
 「完全版サンダーバード全記録集 第5巻(集英社)」のサンダーバードトリビアに、『大英博物館らしき入り口のギャラリーで開かれていた「大昔」の20世紀美術展で飾られていた絵画の多くは、美術スタッフのキース・ウィルソンが担当したという。』とありました。
 このウィルソン氏がカモシカの絵を描いた”英国のピカソ”なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

ブラカッソのガゼル

Photo  5月11日の歴史ごよみに、「画家ダリ生誕」とありました。
 ピンとはねた口ひげの奇才サルバドール・ダリがスペインで裕福な公証人の家に生まれた。パリに出てシュールレアリスムに参加。潜在意識を絵画に表現し「記憶の固執(やわらかい時計)」などを描く。絵画のほか映画など多方面で活躍(1904年)
 サンダーバードでダリ風の絵画と言えば、第22話「公爵夫人の危機」に登場する、ブラカッソのガゼル(カモシカ)です。
 ブラカッソの「中期の傑作」とペネロープ嬢が評していますが、正直に申せば、この絵に描かれているカモシカや柱、茶色い地面や岩に、どのような意味が込められているのか、さっぱり判りません。
 ジェフとペネロープが鑑賞に訪れる、20世紀絵画展に展示されていることからも、20世紀の代表的な画家なのでしょう。
 この絵を買い取ろうとペネロープ邸を訪れたダンドリッジ社長の「60万ポンド」という提示金額に、思わずキュウリのサンドイッチを落としそうになるパーカーです。現在の通貨レートで言えば1ポンド=約150円ほどですから、60万ポンドはおおよそ9000万円でしょうか。
 ゴッホの「医師ガシェの肖像」など、オークションで高額落札された絵画の中には100億円を超えるものもありましたが、巨匠ともなれば数十億円の値がつくところでしょう。この点から考えると、サンダーバードの世界では、2065年のポンドのレートが、現在よりもかなり高いことになっているようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

エアポートフェスタ2008in静岡

Cap100  11月8日(土)、9日(日)の二日間、富士山静岡空港で「スカイ・レジャー・ジャパン&エアポートフェスタ2008in静岡」が開催されました。
 日本最大級の航空スポーツの祭典と銘打ち、アクロバット飛行や航空自衛隊の編隊飛行、熱気球やヘリコプター、セスナへの体験搭乗、管制塔の見学など盛りだくさんの内容です。雨模様でしたが周辺が渋滞するほどの盛況だったようです。小生も新聞のPR頁で開催を知り、行ってみたい気持ちはあったのですが、静岡県東部からでは若干距離もあることから断念しました。

 今回飛行演技を披露したサニー横山さんのインタビュー記事が静岡新聞に載っていました。
 「宮崎駿監督の作品にはひんぱんに「空を飛ぶ」風景が出てきます。空を駆ける姿から、人は心の開放や、夢や可能性への飛躍を連想するからだそうです。私も来場者から「夢をもらった」「明日からまた頑張って働く元気がでた」といわれたことがあります。子どもからお年寄りまで幅広い層が楽しめるのがエアショーの魅力だと思います。
 やっぱり、行けば良かったですねー。

 さて、サンダーバードにも航空ショーの場面があります。第22話「公爵夫人の危機」でロンドン空港の航空ショーを見学するジェフとペネロープです。後ろの看板にはV・I・Pオンリーと書かれていて、大富豪のジェフと英国貴族のペネロープ嬢に相応しい場所です。
 ところが不審な人物が一人紛れ込んでいます。茶色のスーツを着たメガネの男こそ、世界一の死の商人ことフッドの変装した姿に間違いありません。また何か盗もうと企んでいるのでしょうか。
 もう一つ気になるのがペネロープ嬢の袖口から出ている黒いものです。ネクタイのような形をしていますが何か意味があるのでしょうか。観客から国際救助隊の話が出た際に傘で顔を隠しますが、その時には袖口から出ていませんので、撮影時のミスかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

モンドリアン・ルック

Photo  グリコのガムPOs-Ca〔ポスカ〕のCMが気になります。大泉洋さんの軽快な動きも良いですが、柴崎コウさんのモンドリアン・ルック風の衣装が目を惹きます。
 サンダーバードでは、第22話「公爵夫人の危機」の美術館の場面で、ペネロープ嬢が着ている衣装がモンドリアン・ルック風のものです。帽子やバッグ、ブーツもコーディネートされて、なかなかおしゃれです。
 ファッションに疎い小生は、モンドリアン・ルックが、イブ・サンローラン氏のデザインであることを全く知りませんでした。「別冊宝島 僕たちの好きなサンダーバード 全エピソード完全ガイド(宝島社)」の「サンダーバード・ファッション対談 野宮真貴×浜井弘治」で、ようやくそのことを知りました。
 さらに、この斬新なデザインはサンローラン氏のオリジナルなアイデアと思っていましたが、オランダの画家ピエト・モンドリアン氏の作品がモチーフである事を、最近になって知りました。白地に黒い直線で仕切られた中に、青、赤、黄の三色を配するというものですが、ペネロープ嬢の衣装は赤のみを用いており、斬新なデザインながら華美になりすぎない配色になっています。
 サンローラン氏がモンドリアン・ルックを発表したのは1965年ですが、「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」によれば、「公爵夫人の危機」の英国初回放映が1966年2月17日であることからも、当時の最先端のファッションを巧みに取り入れていたことが判ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

いなかのネズミ

Photo_294  先日、日本平スタジアムで清水エスパルスとFC東京の試合を観戦しました。
 普段はスポーツに全くと言って良いほど関心が無いのですが、格安な料金で観戦できる機会(バス旅行)に恵まれた事と、子供にも良い経験になるのではと思って参加しました。
 静岡県民としては残念な事に、エスパルスの惨敗でした。無駄な感じのパス回しが目立ちましたし、ゴール前にあっさり切り込まれて得点されてしまうパターンが続きました。
 席がややFC東京寄りだったのですが、東京のサポーターの統制のとれた力強い応援振りに、ついついそちらに目が行ってしまいます。
 ただ、少し残念だったのが「田舎でも負けるわけはないさ!」という応援歌です。静岡は田舎だろうと問われれば、胸を張って(!?)田舎ですと答えますが、何十回も「田舎、いなか、イナカ」と繰り返されると、少々気分がへこみます。
 シュートが決まるところもよく見えましたし、ボール捌きの上手さに”凄い!”と感じたり、試合そのものは十分堪能できましたから、機会があればまた行ってみたいです。(出来れば今度はジュビロ戦で!)

 さて、第22話「公爵夫人の危機」で、廃屋の地下室に閉じ込められたロイストン公爵夫人の周りをうろつく二匹のネズミです。
 都会と田舎という言葉から、イソップ童話の「いなかのネズミと都会のネズミ」を連想しました。田舎に招待された都会のネズミが、食べ物の粗末さにあきれて、田舎のネズミを都会に招待しました。ご馳走を食べようとするたびに人間が現れて、なかなか食べる事ができません。いつもびくびくしていなければならない都会に嫌気がさして、田舎のネズミは帰りましたとさ。都会にも田舎にも、良い点や悪い点があるというお話です。静岡にも良い所はたくさんありますので、遊びに来て下さーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

気になる足元

Photo_172  冬の到来と共に、街行く女性の足元にブーツが目立つようになりました。ポケットに手を突っ込んで背中を丸めて歩く男性諸氏に対して、靴音も軽快に闊歩する女性陣に軍配が上がりそうです。
 ブーツが気になると言えば、第22話「公爵夫人の危機」の美術館のシーンが思い出されます。モンドリアンルックに身を包んだペネロープ嬢と、ダンディなおじ様を演じているトレーシー氏の場面ですが、後ろに控えている警備員の視線が何だか変です。
 どうやらペネロープ嬢の足元が気になっているようです。 英国一の美女と謳われるペネロープ嬢が気になるのは男性として当然と言えば当然ですが、視線が足元なのは何故でしょうか? 床に虫が這っていて大騒ぎにならないかとか、もう少し下がると床に吐き捨てられたガムを踏みそうだとか心配しているのかもしれません...?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ