2009年7月22日 (水)

日本沈没

Photo_2  ディアゴスティーニ・東宝特撮映画DVDコレクション第4号「日本沈没(昭和48年公開 森谷司郎監督)」を観ました。
 オイルショックで騒然としていた1973年の公開当時、大変話題になった映画です。中学生だった小生も、劇場で鑑賞した記憶があります。
 当時印象に残ったのが、小林桂樹さんの”怪演?”ぶりです。TVドラマで目にする小林さんとは全く違う、ストイックで激しい気性の田所博士に、少々違和感を覚えたものです。目を細めにしつつ、時に左右の目蓋の開き具合が違ったり、常にしかめ面で、「お前らみたいな御用学者に何が判る!」と、TV放送の最中に殴りかかるような人物ですから、小林さんも演じるのが大変だったのではないでしょうか。
 いしだあゆみさんがヒロインを演じている事も、なぜこの人が選ばれたのだろうかと疑問に感じていました。わざわざ歌手を起用しなくても、適任の女優さんはいるのではないかと当時は思っていました。今回付属の解説を読んで、女優業もされていた事を知り納得した次第です。
 「仮面ライダー」が我が家のTVでは映らなかったこともあって、逆にライダーのイメージに囚われずに藤岡弘さんの演技を観る事が出来たように思います。脇を固める俳優陣の豪華な事に驚かされます。丹波哲郎さんの首相も、実に味のあるキャラクターですし、島田正吾さんが演じた謎の老人も印象に残ります。子供心にも、世の中には裏で社会を操るフィクサーのような存在があるのだろうと思ったものです。
 思えば巨大地震のメカニズムを目にしたのもこの映画でした。竹内均さんご本人が演じる「竹内教授」による、マントル対流やプレートの解説が頭に刻まれました。特に二つのコンニャクがズルッと動く事でプレートのズレを表現していたのが印象に残ります。
 日本列島が沈んでしまうとはあまりにも荒唐無稽な話ですが、なかなか引き込まれる映画です。マントル対流が変化すると本当に日本が海底に沈んでしまうのではないかと思えてきますし、政府やプロジェクトチームの対応も観ていて違和感がありません。リメイク版の薄っぺらい作り方とは全く違います。(静岡県東部在住の小生は、リメイク版冒頭の「沼津市」の地震被害には苦笑してしまいましたが、その最中にレスキューヘリがアクロバット並みの救助をしたり、直後の場面で何も無かったかのように結婚式を挙げているなど、ありえない展開です。最後には主人公が特攻精神で日本を危機から救うなど、オリジナル版とは雲泥の差があります。)
 首都東京が巨大地震に襲われる場面では、延々と続く被災の情景に目を逸らしたくなります。現在の特撮技術と比べれば見劣りするのは当然ですが、ビルからガラスの雨が降ってきたり、火が衣服に燃え移って逃げ惑うなど、現実味がある演出でした。前の震災は火災の被害が大きかったと老人が話した直後に津波が襲ってくるなど、教訓になりそうなエピソードもありました。
 日本列島が崩壊しながら海に沈んでいく様子は、今ならばもう少しリアルに表現できたと思うのですが、当時としてはあれで十分だったのでしょう。
 深海調査潜水艇「わだつみ」が、もっと活躍する印象があったのですが、冒頭の海底調査に登場するだけでした。1万メートルまで潜水可能との設定ですが、小野寺操縦士の台詞「理論上は10万メートルまで潜れます。」の意味がよく判りませんでした。照明弾発射機能までありますが、実際の潜水艇にもあるのでしょうか。

 ちなみにサンダーバード4号の性能をご紹介しますと、水中航行時最大速度160ノット、水上航行時最大速度40ノット、最大深度9140メートルとなっています。(「完全版サンダーバード全記録集4(集英社)」より) 潜航深度は「わだつみ」に負けますが、スピードは驚異的ですね。

 このDVDコレクションは、静岡県先行発売となっています。静岡県は新商品のテストマーケットになっているそうです。静岡県で売れれば全国でも売れるということなので、なかなか責任重大ですね? 県外の皆様は8月4日の発売までもう少しお待ちください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

七つ道具

Photo  「O・ヘンリー 1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編(光文社古典新訳文庫)」を読みました。
 訳者・芹澤恵さんの”あとがき”にもあるように、「普段は何をしているのやらよくわからないけれど、話だけはめっぽう面白い遠い親戚の叔父さんに久しぶりに会い、その叔父さんの語る奇想天外な物語に時を忘れて耳を傾けている気分」を味わいました。
 この中に「甦った改心(A Retrieved Reformation)」というお話があります。金庫破りで刑務所のお世話になっていた主人公ジミー・バレンタインが出所し、さっそく元の仕事に精を出すのですが、ある街で出会った娘に恋をして、足を洗って結婚する事になります。
 そこで自慢の七つ道具を処分する事にしますが、その「東部きっての逸品」の内訳は、「特別に焼き戻した鋼鉄製の道具一式 - 最新型のドリルに錐揉盤(ボール盤)、繰子錐(くりこぎり)と太さも形も様々な替えの刃先、組立式の金梃、鋏(やっとこ)、螺旋錐、ジミー自身の考案になる”新案商品”もいくつかあって、ジミーにとっては自慢の道具箱だった。」となっています。

 サンダーバードで金庫破りと言えば、パーカーを筆頭に第12話「死の大金庫」に登場するフィンガー、第23話「恐怖のモノレール」でペネロープ邸の金庫を破るマロイとサルトン、第31話「すばらしいクリスマスプレゼント」のストレイカーとスコービーといったところでしょうか。
 第25話「情報員MI.5」では、ペネロープからカジノに行く許しを得たパーカーが挨拶をする際に、鞄が開いて七つ道具が見つかってしまう場面があります。パーカーの七つ道具は、ドリルのほかはモンキーレンチやメガネレンチ、金槌、プライヤーなど、金庫破りの道具にはあまり見えません。その辺にあった工具を適当に撮影に使った感じがします。
 もっともパーカーは、第12話のラストでお嬢様のヘアピンを使って最新式の金庫をあっさり開けてしまう腕前の持ち主ですから、このような七つ道具は要らないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

七人に一人

Photo  短銃や機関銃などの携帯できる小型武器の保有状況「小型武器概観」で、世界全体で七人に一人が小型武器を持っていると公表されました。

 世界全体で八億七千五百万丁と推定されるうち、六億五千万丁が一般市民の保有だそうです。

 先日も「ムーミン」でお馴染みのフィンランドで高校生による発砲事件がありましたし、日本でも佐賀県で入院患者が射殺される事件があったばかりです。

 日本で発砲事件といえば猟銃か暴力団関係ですが、外国では許可さえ得られれば子供でも銃器が所有出来てしまうのが不思議です。

 フィンランドでは十五歳で銃の許可申請が可能で、一人当たりの小型銃器の所持率が世界で三番目だそうですが、銃犯罪が極めて稀で、高校での乱射事件は史上初だそうです。銃社会アメリカは銃犯罪も突出していますが、お隣のカナダは銃所持率が高い割りに銃犯罪が少ない事は、マイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」でも紹介されています。フィンランドの銃犯罪が稀なのもお国柄なんでしょうか。

 犯人の男子生徒は「普通の家庭」で育ち、犯罪歴は無く、成績も平均より上だったとか。ただ、攻撃的で過激な性格だったとも報じられています。今回の事件は「いじめ」が原因ともされていますが、いくら銃犯罪が稀でも思春期の子供に人を殺傷できる銃器を所持させる事が可能な法制度に問題は無いのでしょうか? 

 静岡新聞に「武装する米国 進まぬ銃規制」という特集がありました。この中でアメリカの映画監督ジミー・カリー氏が、「今の米国はすべてに手っ取り早い解決を求める。早い車、早い調理法。問題を解決するのに手っ取り早いのは銃で相手を撃つことだ。映画はそうした風潮を若者に植え付けている。」と指摘しています。

 日本が銃社会で無くて本当にありがたいと思いますが、銃を必要としない世界が訪れる事を切に望みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

宇宙滞在記録

Photo_303  4月のボストンマラソンに国際宇宙ステーションから参加したサニタ・ウィリアムズさんが、女性としての連続宇宙滞在記録を更新して、先月無事に帰還しました。ウィリアムズさんは、女性としての通算宇宙遊泳記録も打ち立てているそうです。

 男性の連続宇宙滞在記録は、ロシアのワレリー・V・ポリャコフ宇宙飛行士が宇宙ステーション・ミールで達成した438日間です。通算で679日間の宇宙滞在を果たしたポリャコフ宇宙飛行士は「地球を離れた2年間(WAVE出版)」という本を出しています。

 この中で、長期宇宙滞在では宇宙飛行士には多くの心理的負担がかかる事を紹介しています。「地上での生活様式から切り離され、肉親や親しい友人とも離され、情報量が極端に制限されるため、感覚遮断の原因になる。」そうです。

 また「非常に重要な事は、乗組員全員が過密なスケジュールの中で決められた仕事をこなし、フライトプランが上手く進み、管制センターと乗組員の間に互いに満足できる関係が成り立ち、そしてミッションに携わる仲間全員の友情と相互理解が深まることではないかと考える。」と書かれています。

 「宇宙に暮らす(松本信二:監修 裳華房)」には、サリュート7号でのエレーベジェフ宇宙飛行士の日記が紹介されています。「地上から遠く離れ、閉ざされた空間での生活であっても、あるいは逆にそうであるからこそ、地上ではそれほど意識されなかった人間関係が重大な関心事として意識されてくるのであろう。」とあります。

 さて、サンダーバード5号にはジョンが3ヶ月間、アランが1ヶ月間勤務しています。(小生はこの交替周期を採用しています。) 国際宇宙ステーション(ISS)やスペースシャトルは複数の乗組員との共同作業ですが、サンダーバード5号は地球から3万6000キロメートルも離れた宇宙空間にたった一人で滞在しなければならないことを考えると、心理的負担は相当なものと言えそうです。

 しかもジョンと父ジェフ・トレーシー氏の間にはぎくしゃくした関係が見て取れます。ポリャコフ宇宙飛行士、エレーベジェフ宇宙飛行士とも、宇宙長期滞在における人間関係の重要性を指摘している事からも、ジョンの心理面への影響が懸念されます。

 「地球を離れた2年間」には、ミール宇宙ステーションの「長期閉鎖環境における人間の心理サポート」として、管理センターに心理学者と心理生理学者からなる専門グループが常時待機している事や、2.5ヶ月から3ヶ月に一度の運搬船で好みに応じた書籍、雑誌類が運搬されるほか、月に一度の家族や友人との電話交信、月に2回の家族とのテレビ交信が行なわれると紹介されています。

 サンダーバード5号では一日に何度も家族とTV交信されていることでしょうから、その点は問題無さそうです。さらに、番組では描かれませんでしたが、食料などの補給もサンダーバード3号によって定期的に行なわれることでしょう。その頻度もクルーの交替時だけでなく、間に何回か行なえばジョンやアランの寂しさもかなり解消されると思います。(大富豪ですから、頻繁に3号を打ち上げても大丈夫でしょう。)

 問題は、やはりジェフとジョンの関係にありそうです。ジェフがジョンを嫌っているかのように見えるのは、プロデューサーのジェリー・アンダーソン氏の好みが原因のようですが、それはさておき、地上の管制センター(トレーシーラウンジ)との良好な関係が重要なのですから、ジェフはジョンに対してもう少し暖かく接して欲しいものです。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

乱射事件

Photo_267  4月16日、アメリカ南部のバージニア州バージニア工科大学で32人が殺害される乱射事件がおきました。全米史上最悪の銃犯罪となったそうです。
 アメリカではコロンバイン高校の事件以降も、散発的に乱射事件がおきています。事件後に銃規制の動きが高まると、合衆国憲法で保障された武器を持つ権利を元に、全米ライフル協会(NRA)を始めとするロビー団体の圧力で押さえつけられてしまうのは、マイケル・ムーア監督の映画でもお馴染みです。
 銃器の所持を憲法で認める国というのは、アメリカ以外にあるのでしょうか? 3億人の人口に対して2億丁の銃があるそうです。日本の常識は世界の非常識と言いますが、日本ではとても考えられません。不法侵入者への銃使用を認める州が拡大しているそうですが、日本人留学生がハロウィンの時に射殺された事件が思い出されます。白旗でも振って歩かなければ命の保障は無いのでしょうか?
 先日も、いつかは家族で海外旅行に行きたいねと話したところ、子供(小学生)が「アメリカは銃があるから行きたくない。」と言います。子供もニュースで見聞きして、銃の怖さを感じているようです。ハワイには行きたいと言いますが、ハワイもアメリカの州と教えると困った顔をしていました。
 アメリカの乱射事件の続報が伝えられるなか、日本でも長崎市長が射殺されてしまいました。小生は職場旅行でサイパンへ行ったときに実弾を撃ったことがあります。紙の的ならゲームで済みますが、怒りにまかせて人間を撃ち殺すなどとても考えられません。日本ではまだ暴力団や外国人犯罪者などにしか銃が出回っていませんが、近年の”キレやすい”日本人が増えた事を考えると、もしアメリカのような銃社会だったら同様の悲劇が繰り返される事は間違いありません。
 被害に遭われた皆さんのご冥福を祈るとともに、アメリカの銃規制が進んで、悲劇が繰り返されない事と、日本の銃対策(押収・摘発)が進む事を願います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

ジェームズ・ボンソン?

Photo_163  007シリーズ第21作「007カジノ・ロワイヤル(2006年 マーティン・キャンベル監督)」をようやく観ました。
 ダニエル・クレイグ演じる新ボンドは、冷ややかな仮面の下に野獣のようなパワーを秘め、奇抜な秘密兵器を使用せずに己の機知と肉体で勝負する生身の人間として描かれています。
 007シリーズは次第に秘密兵器やSFまがいのストーリー展開が目立つようになっていましたが、本作で原点に戻ったようです。
 さて、ボンド氏が所属するのは旧称MI6(軍情報部第6課)ですが、正式にはイギリス情報局秘密情報部(SIS)で、国外諜報を担当しています。第25話「情報員MI.5」に登場のボンソン氏が所属するイギリス情報局保安部(SS)は、イギリス国内の治安維持、IRA対策、国際テロ対策を担当しています。
 核装備に関する重要な設計図を国際スパイのカール一味に盗まれ、「凄い装備を持っている国際救助隊」に協力を求めます。「世界が危機に見舞われるほどの極秘核装備」とはどの様な物なのかは明らかにされませんし、本来はMI6(SIS)の担当事件と思われますが、基本的に政治や国家の利害に関与しないはずの国際救助隊に助けを求めるほどの切迫した状況だったのでしょう。
 そんな重要な機密書類を取り戻したゴードンは、「こんなちっぽけな物のために大騒ぎするなんてバカみたいだよ。」と呑気な発言をしているように聞こえますが、実は達観していると言うか、ドライなものの見方をする人なのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ