2009年5月15日 (金)

さらば”ちきゅう”よ

Photo  ゴールデンウィーク明け頃から、駿河湾の沖に地球深部探査船”ちきゅう”の姿が見えなくなりました。
 ”ちきゅう”の船体や櫓に灯るライトは、夜の海に浮かぶクリスマスツリーのような華やかさで、霧の夜は巨大な提灯がぼんやりと灯ったような幻想的な雰囲気でした。駿河湾から去ってしまったのが、少々寂しく感じられます。
 「JAMSTEC  独立行政法人海洋研究開発機構  ジャムステック」のHPで確認したところ、5月13日現在、紀伊半島沖熊野灘で掘削準備中とありました。今後の調査で、どのような発見があるのか楽しみです。

 先日、図書館で深海調査や海底掘削に関する本を何冊か借りました。その中の1冊、「インナースペース/地球の内部を覗き見る(高川真一著・東海大学出版会)」に、海洋掘削時に掘削用プラットフォームの位置をどのように保持するのかについて解説されていました。
 海底に掘った穴は「固定」位置ですが、海上のプラットフォームは波や風、潮流の影響を受けます。プラットフォームの位置がふらつくと、機器に重大な損傷を及ぼしてしまいます。掘削用プラットフォームの位置を固定する方式として、「ジャッキアップリグ」が紹介されています。
 水深の浅いところではジャッキアップリグ(Jack-Up Rig)と呼ばれる方式が一般に用いられる。これは掘削機材一式を搭載した広くて平らな浮体の周囲に、鉛直方向に突き出せる足を装備しているものである。目的地まではタグボートに曳かれて移動するが、その際は足を上にあげ、櫓は浮体の内側に移動して曳航中の安定を図っている。そして現場に到着後に足を下に突き出して浮体を水面上所定の高さまで持ち上げて固定し、櫓も作業位置まで移動させる。これらを定位置で固定してしまえば陸上掘削とほとんど変わらなくなる。
 
この解説を読んで思い出したのが、第26話「海上ステーションの危機」の舞台となる”SEA SCAPE”です。6本の脚がプラットフォームを支えていますが、脚の内部に掘削用のリグが通っている斬新な設計となっているようです。
 国連海軍が大西洋で行なった新型核魚雷のテストの影響で、海上ステーションが崩壊してしまいます。ステーションの作業員が潜水球に乗って被害状況を確認する場面などからも、水深はあまり深くないようです。おそらく北海の水深200m以下の大陸棚に設置されているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

ちきゅう

Photo  夜、駿河湾を眺めるとオレンジ色の明かりが遠くの方に見えます。対岸の明かりにしては位置が変なので、不思議に思っていましたが、先日その正体がわかりました。
 答えは「地球深部探査船”ちきゅう”」でした。海底下7000メートルを掘りぬいてマントルへ到達したり、巨大地震の震源まで掘削して地震発生のメカニズムを解明するなどの研究をするものだそうです。現在は駿河湾で機器操作訓練を実施中で、5月上旬からは南海トラフ地震発生帯を掘削する予定です。
 ここ1ヶ月ほど、海上に大きな船が浮かんでいるのを見かけましたが、”ちきゅう”とは知りませんでした。リメイク版の映画「日本沈没(2006年 樋口真嗣監督)」にも登場していたと思いますが、本物を(遠くですが)見ることが出来るとは思ってもいませんでした。やぐらの高さが70メートルもあり、海面からは121メートルですから、随分と背高のっぽの船です。
 詳しくは「ちきゅう」情報発見サイトCHIKYU HAKKENhttp://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.htmlをご覧下さい。
 
”JAMSTEC、映画「日本沈没」の撮影に協力”
http://www.jamstec.go.jp/j/jamstec_news/20060714/index.html もお勧めです。
(”ちきゅう”と”しんかい6500”のペーパークラフトがダウンロードできます。)

 さて、サンダーバードで海底の掘削と言えば、第26話「海上ステーションの危機」に登場するSEASCAPEです。国連海軍の新型核魚雷試験の失敗で、海底からガスが噴出し崩壊してしまいます。核魚雷など言語道断ですが、なぜこのような海域を選んだのか理解に苦しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ノー・モア・ブッシュ!

Photo  アメリカ次期大統領のオバマ氏が、フィラデルフィアから列車に乗り、首都ワシントンでの就任式に向かうそうです。
 あと数日でアメリカ初の黒人大統領が誕生するわけですが、何よりも喜ばしいのが現大統領のブッシュ氏とさよならできることです。
 先日のお別れ演説でも、「新たなテロ攻撃から国土を守りぬいた」と述べたそうですが、アフガンやイラクをめちゃめちゃにしたあげく、数多くのアメリカ兵を死に追いやった責任はどうするつもりでしょうか。
 そのブッシュ大統領の父親である元大統領の名前にちなんだ最新鋭原子力空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」が、先ごろ就役したそうです。
 新聞の記事によれば、現大統領は「望むものほぼすべてを手に入れた男に何を贈ろうかと考えた末に空母を思いついた」と挨拶したそうです。国民の血税で建造された空母を私物化するかの如き発言に、「パパ、僕ってとっても親孝行でしょ!」とニコニコするブッシュ父子を連想しました。
 元大統領は「自由と平和は兵士の犠牲の上に築かれる」と声を震わせたそうですが、親子2代で中東の戦争を行い、多くの兵士の犠牲を”築いた”大統領が思っている「自由と平和」が、犠牲になる兵士の側の「自由と平和」と同じ意味なのか疑問を感じます。
 さらにパパ・ブッシュ元大統領は、息子のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が将来3人目のブッシュ大統領になることに期待しているとFOXテレビの番組で述べたそうです。どうなることやら....。

 さてこちらの空母は第26話「海上ステーションの危機」に登場する国連海軍の空母アトランティック号です。新型核魚雷の試験を大西洋で実施しますが、魚雷の誘導に失敗して海上ステーションを危機に陥れてしまいます。
 2065年の未来も、兵器が必要な世界というのが情けないですね。しかも核魚雷とは環境破壊もお構いなし。これが国連のすることですか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

どこかで見たような

Photo  暦の上ではもう秋です。そういえばここ数日、夜の寝苦しさも少しずつやわらいで来たように感じます。
 それでも第26話「海上ステーションの危機」で、ブレインズが着ているような、厚手のパジャマやガウンはまだ早いですが。
 さて、このパジャマの柄や黄色い襟のあるガウンは、どこかで見たような気がします。
Photo_2  元々の持ち主は、第18話「秘密作戦命令」のチップ君でした。ブレインズの方は襟を立てて変化を付けていますが、全く同じもののようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

牧場

Photo  家族で静岡県富士宮市方面をドライブしました。旅番組でも紹介される「白糸の滝」は今回パスして、5kmほど北にある田貫湖に行きました。
 小さな湖ですが、キャンプサイトやバンガローがあって、のんびり楽しめそうです。今日はぶらっと訪れたので、貸し自転車で湖を一周しただけですが、また来てみたくなりました。
 その近くに「まかいの牧場」があります。牛の乳搾り体験や、ウサギを抱っこしたり、乗馬体験など動物と触れ合ったり、トランポリンなどの遊具もあります。
 小生も子供に負けずに色々な動物に触ったり餌を食べさせたりと、楽しい時間を過ごしました。草を固めた小さなペレット状の餌を羊にあげたり、にんじんスティックを手のひらに載せて馬に食べさせました。馬の毛並みは滑らかで、血管の浮き出た筋肉がとても力強いのに、優しい目をしていて心が和みます。
 奥の方に行くと「ハンモックの森」があります。森の中でゆらゆらとハンモックに揺られていると、本当に気分が良くなります。1時間ぐらい昼寝したいところです。

 さて、牧場でリラックスすると言えば第26話「海上ステーションの危機」です。国際救助隊の最高責任者としての連日の激務ゆえ、家族から心配されたジェフが渋々休暇を取り、オーストラリアのペネロープの羊牧場を訪れます。国連海軍の演習の失敗で起きた海底の爆発で海上ステーションが危機に陥り、国際救助隊が出動します。ジェフとしては指揮官代理のスコットの采配が気になって、休暇どころの気分ではありません。スコットの方も慣れない大役に、眠れぬ夜を過ごします。
 この二人、仕事一筋の所が良く似ています。それでもジェフは航空ショーをペネロープと見に行くなど気晴らしをする場面がありますが、スコットがプライベートで何かを楽しんでいる場面があったでしょうか? 次男ジョンは星の観察、三男ヴァージルは芸術、四男ゴードンはマリンスポーツと射撃、末っ子のアランはカーレースにミンミンとデートするなど、それぞれに楽しみがあるのですが、どうやらスコットは父親以上に仕事人間のようです。
 本当に休暇が必要なのはスコットなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

海上ステーション

Photo_150  「緊急レポート このままでは地球はあと10年で終わる!(洋泉社MOOK)」を読んでいます。副題は《まだ、ずっと先の話だろうとタカをくくっているあなたへ》です。
 表紙には《地球が”灼熱の惑星”と化すのを、人類の手で阻止できる時間的余裕は、もう僅かしかない。世界中の専門家が警告。これはパニック映画ではありません!》とあります。
表紙だけでもなかなか恐ろしげですが、中身は真面目な本ですから本当に回避できるのか怖くなってきます。
 ゴアさんは「不都合な真実(ランダムハウス講談社)」の大型本を出しています。写真もふんだんで読み応えが有りそうなのですが、税込み2980円と少々お高いのが難でして...。「緊急レポート このままでは~」の方は1000円なので手が出しやすいです。書店の「地球温暖化」コーナー(?)で見てください。少しでも関心を持つ事から始めませんか?

 2月4日の静岡新聞に《温暖化対策 海底下にCO2貯留》とありました。《海底の地下千メートル以上の帯水層を利用。工場や発電所などの排ガスからCO2を分離して回収し、陸上からパイプラインで海底下に送り込むか、船で運んで海洋施設から注入するなどの方法で封じ込める。日本の領海内の帯水層には、現在の国内排出量の百年分以上となる千五百億トンのCO2を貯留できるとされる。》
 《地下貯留は、枯れかけた油田の産油量を増やすためにCO2や水を注入して原油を押し出す技術の応用。CO2を貯留できる地層は陸域と海域を合わせた地球全体で約七兆トン分が存在するとされ、世界の排出量の約百年分の削減が可能とする試算もある。》 《ノルウェーなど石油や天然ガスの産出国の一部では既に実用化されている。》とあり、世界全体で導入されれば頼もしいかぎりです。

 さて、第26話「海上ステーションの危機」は大西洋上の石油採掘ステーションが舞台ですが、もしかしたらCO2の地下貯留施設なのかもしれないと、妄想逞しい雷おやじです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

ゲスト出演:トム・クルーズ?

Photo_255  今日7月8日からミッション・インポッシブルシリーズ第三弾「M:i:Ⅲ」がロードショー開始です。それと第26話「海上ステーションの危機」の国連海軍の原潜操舵手と何の関係が有るのかと言いますと、この大尉さんを見ると、何となくトム・クルーズを連想してしまうからでした。
 もしパペット版「ミッション・インポッシブル」が作られるとしたら(?)、イーサン・ハント役は彼しかいないでしょう。逆に実写版「海上ステーションの危機」があったら、大尉役をトム・クルーズのゲスト出演でお願いしたいものです。もしくは「プレシディオの男たち」の頃のマーク・ハーモンなんかも良いかもしれません。
 この大尉殿、出番はほんの少しですがサンダーバードの脇役の中でもトップクラスの美男子なのではないかと、小生は勝手に思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ