2013年3月 3日 (日)

エアフォースワン

Photo
 ケーブルテレビでハリソン・フォードの「エアフォースワン(ヴォルフガング・ペーターゼン監督/1997年)」を観ました。何度も観ているのですぐ消そうと思ったのですが、結局最後まで観てしまいました。ストーリーも悪くないですし、役者も粒ぞろいで飽きません。ゲイリー・オールドマン、ウィリアム・メイシーやディーン・ストックウェルといった俳優さんを抑えて、とびきりの存在感を示すのが女性副大統領役のグレン・クローズです。シチュエーションルームでのテロ犯との交渉だけでなく、政権内部の権力争いも見事に捌きます。緊急記者会見の場面など本物のようでした。大統領を解任する署名を拒んだり、ラストでそれを破り捨てるのはいい人過ぎますけれど。

 現実だったら緊急脱出ポッドで大統領は避難しているでしょうし、そうするのが務めでしょう。いくら勇敢に敵を倒そうと頑張っても、娘に銃を突きつけられてテロリストの要求を呑んでしまった時点で、閣僚のセリフにもあるように「彼は(大統領ではなく)家庭人になってしまった。」わけです。両手を縛っているダクトテープをガラスの破片で切って反撃するための時間稼ぎだったというよりは、結果的にそうなったという感じです。現実には家族やスタッフの命を犠牲にしても、テロに屈しないのが大統領の責務なのではないでしょうか。

 機内のアクションもさることながら、味方の護衛機にミサイルを撃たせて自動回避させたり、空中給油の場面あり、ミグとの交戦と航空アクションも楽しめます。ラストの救援機への乗り移り場面は、「エアポート75(ジャック・スマイト監督/1974年)」や「クリフハンガー(レニー・ハーリン監督/1993年)」を彷彿とさせます。無事に大統領が救援機に乗り移った時の、「当機のコールサインはエアフォースワンになった!」とのセリフがぐっときます。

 大統領の盾になって銃弾を受けたり、エアフォースワンに向かっているミグのミサイルを自分の機体で受けるため飛び込んでいくF15のパイロットなど勇敢な人もいれば、犯人を手引きした内部の裏切り者もありと、人間の心の正邪を見せられます。

 さて、操縦不能で燃料切れとなったエアフォースワンは海面に墜落するわけですが、着水後に宙返りをして大破します。サンダーバードで旅客機が不時着水すると言えば第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」のファイアーフラッシュ4号です。こちらは操縦不能となりながらも海面を滑空しながら無事に着水します。2009年のハドソン川の奇跡を彷彿とさせるような場面でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

航空大臣の机

Photo
 台風の影響で雨が降ったり止んだりの一日でした。外出するのも面倒なので、引っ越しの時に適当にしまっておいたおもちゃ類を整理しました。フルタのチョコエッグ戦闘機が入った靴箱を見つけ、外れた部品をはめ直しながら並べていたところ、何だか見覚えのある機体がありました。
 サンダーバード第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」に登場する航空大臣の机の上に、古めかしい戦闘機の模型が置いてあります。小生のチョコエッグコレクションに、機首が赤く塗られたミコヤンMig-15があります。英国の航空大臣の机の上に、旧ソビエトの戦闘機が置いてあるのも変ですし、尾翼の感じが違います。よくよく見たところ、ノースアメリカンF86Fセイバーに似ています。
 セイバーは朝鮮戦争で、「投入から休戦までの約2年間に損失78機に対し、撃墜数約800機と言う、実に10対1の戦果を上げ、その優秀性からF-86は世界各国で採用された」そうです。(ウィキペディアより) その優秀な戦闘機が航空大臣のお気に入りなのも納得できそうです。

 チョコエッグの戦闘機には、サンダーバードになじみの深いF104スターファイターや、J35Fドラケンがあります。いつの日かレスキュー機やZ団戦闘機、レッドアローに改造してやろうと思い何個か持っていますが、未だに妄想で終わっています。
 そんな事を考えながら片づけをしていたところ、「ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション」のVOL.8が届きました。さらに嬉しいことに、Web定期購読申込み限定のクリアーファイル(3枚)も同封されていました。天気はすっきりしませんでしたが、小生には良い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

2001年宇宙の旅

Photo

 最近、旧作映画を映画館で上映するのをよく目にします。先日も静岡県東部にあるシネプラザ・サントムーンで、「柿田川シネマクラッシック・フェスティバル」と題して「スタンド・バイ・ミー」や「ゴッドファーザー」、「ニュー・シネマ・パラダイス」などが上映されましたし、2月26日から静岡市でもシネマパークフェスティバルと銘打って名作映画が上映されるそうです。サントムーンの上映作品の中には「2001年宇宙の旅」がありましたので、都合が付けばぜひ観に行きたかったのですが、残念ながら叶いませんでした。
 そんな想いを抱きつつ新聞に目を通していたところ、2月6日から来年の1月までTOHOシネマズで「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」が開催される事を知りました。上映作品の中に「2001年宇宙の旅」を見つけた時は本当に嬉しく思いました。
 作品リストの中には、「大脱走」、「ライトスタッフ」、「ベン・ハー」など、スクリーンで観たい映画が幾つもあります。しかも全作品がオリジナルニュープリントですから、フィルムの切断や傷などのトラブルも無さそうです。
 各地のTOHOシネマズで上映されるのですが、小生の住む静岡県東部からは少し距離がある場所ばかりです。それでも、1000円の映画を観るのに高速道路を飛ばして浜松まで行くか、横浜まで電車で行こうかと、いささかクレージーな事を考えています。映画を観た後に散策も楽しめますし。

 さて、「2001年宇宙の旅」で小生が思い出すのが、宇宙船の制御パネルの数字表示器です。制御パネルのモニター類の造りは今見ても全く違和感がありませんが、どの宇宙船か忘れてしまいましたが、数字表示に昔のデジタルメーターに使用されていたニキシー管(?)を使用しているものがあり、ちょっと”古さ”を感じた覚えがあります。このあたりも、TOHOシネマズの上映時に確認してみたいと思っています。

 サンダーバードで、”2001年”に勝るとも劣らないと小生が勝手に思っている”表示器”が、第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」で、ロンドン空港への通交が一時的に閉鎖される場面です。トンネルの手前でシャッターが降りるのと同時に、上部の表示が「STOP」と赤く点滅します。このSTOPの表示を見るたびに、良い仕事してるなーと秘かに思うのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

アディ・ギル号

Photo  アメリカの環境保護団体「シー・シェパード」の捕鯨抗議船アディ・ギル号が、南極海で日本の調査捕鯨船団の監視船と衝突、航行不能となったのち、曳航中に沈没したそうです。
 アディ・ギル号は、バイオディーゼルを燃料に最高速度50ノット(約90km/h)で航行できる最新型の高速艇です。船舶による世界一周の最短記録を持っているとの事で、制作費は何と150万ドル(約1億3800万円)。
 3胴式の船体は長さ約24メートルで、大きな波をかいくぐることも可能なうえ、船体が炭素繊維で覆われており、レーダーに映りにくいステルス機能を備えているそうです。
 アクション映画に出てきそうな船ですが、スピードは早くても強度は弱かったみたいですね。何でこんなものまで持ち出して実力行使するのでしょうか。幸いにも死者が出なくて良かったです。
 海の上を高速道路を走るようなスピードで航行出来るとは凄い話ですが、ホバークラフトや水中翼船などの高速船は時速30~50ノット(約55~90km/h)、競技用のパワーボートの中には200km/hを超えるものもあるそうです。

 サンダーバードで高速船と言えば、第10話「ニューヨークの恐怖」に登場するアメリカ海軍のセンチネル号ですが、こちらの水中翼船シー・レスキューもかなり速そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

モー大晦日

Photo 今年最初の記事で、こんな妄想をご披露しました。

・完全版サンダーバード全記録集の続刊として、第7巻「劇場版サンダーバード」と第8巻「サンダーバード6号」が集英社から発売される。
・イマイのサンダーバードプラモデルの金型が発見され、アオシマから手頃なお値段で再販される。
・イマイの担当者が電車内で紛失した、小松崎画伯のサンダーバード2号箱絵がJRの倉庫で奇跡的に発見される。
・NHKでサンダーバードが再放送され、ブームが再燃する。
・サンダーバード製作当時のエピソードが満載のサンダーバード関連本とDVDが発売される。
・ブームが再燃し、各地でサンダーバードモダン展が開催される。
・コナミから、SFムービーセレクションのペネロープやパーカーと同スケールで、サンダーバードキャラクターの食玩フィギュアが発売される。
・タカラから1/144レスキューメカコレクションのPOD3~POD6が発売される。
・タカラから1/144のTB2号、4号に続き、TB1号、3号、5号が発売される。
・タカラからスコットとヴァージルに続き、ミクロマンのサンダーバード主要キャラクターが発売される。
・アオシマから1/350のスカイトラスト号が発売される。(同スケールの空港消防車付属)
・雷おやじが「サンダーバード秘密基地」のプラモデルを完成させる.....。

 妄想は実現しませんでしたが、エフトイズのサンダーバードメカニック・コレクションが発売され、年末には徳間書店の大人のプラモランドでTB2号が復刻されるなど、ファンにとって良き年だったと思います。

 当ブログにお越し下さった皆様、コメントをいただいた皆様、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

スーパーリアリズム

Photo  小松崎茂氏の絵物語に興味が沸き、探していますがなかなか見つかりません。近くの図書館には小松崎氏の関連本が見当たらなかったのですが、「昭和のスーパーリアリズム画集 樺島勝一(小学館)」という本を見つけました。
 大型の水上機から飛び降りたと思われる背広姿の男性が、頭から落ちていくイラストの表紙に目が釘付けになりました。
 防護メガネを掛けていることから、(はっきりとは描かれていませんが)パラシュートを背負っていると思います。この男が何かの任務を負った人物であることは明らかです。どんな物語の挿絵なのか知りたくなります。何よりも、題名にもあるような”スーパーリアリズム”に満ちたイラストに惹きこまれます。
 この樺島勝一氏が、大正から昭和にかけて活躍されていた画家と知り、さらに驚きました。写真のように細密に描かれた作品は、挿絵を超えた「絵画作品」と呼べそうです。飛行機や船を描いたものはもちろんの事、自然や動物をテーマにした作品も素晴らしいものばかりです。
 
 さて、サンダーバードで飛行機から飛び降りると言えば、第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」で、ゴードンとの銃撃戦から逃れようとする国際スパイ団の破壊工作員です。脱出寸前にゴードンが放った銃弾が当ったのか定かではありませんが、海面への墜落寸前であったことからも、助かったとは思えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

皆既日食

Photo  22日は太陽が月の影に隠れる「皆既日食」が見られるそうです。静岡県内は午前9時52分ごろに欠けはじめ、11時10分ごろに太陽の約8割が欠け(部分日食の最大)、12時29分に欠け終わります。
 観測の際には目を傷めないように、太陽を直接見ないのは勿論、サングラスや黒い下敷き越しに見るのも危険なのだそうです。

 遮られているのは可視光線だけ。目に悪影響を及ぼす赤外線(熱線)、紫外線などは網膜に届く。知らないうちに網膜を火傷することもある。
 観察には、可視光線とともに有害な光線を軽減させる専用の「日食グラス」が必要になる。(静岡新聞より)
 

 さて、サンダーバードにも網膜障害が心配な人がいます。第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」で、海底からの浮上に成功したファイアーフラッシュ号の窓を焼き切って、乗員を救出するゴードンです。ごらんの通りゴーグル無しで、レーザー光線が放つ強烈な光を見続けています。
 海底でファイアーフラッシュ号のエンジンを切断する時は、4号のレーザー光線が強力なのか、船内で緑色のゴーグルをしていますが、この場面では手持ちのレーザーなので大丈夫なのでしょうか? 
 
さらにゴードンはこのお話のラストで、切断された配線を両手に持ち、無理やり接触させることでファイアーフラッシュを墜落から救う大活躍をします。この時にも盛大な火花が目の前で光ります。さすがに目を閉じていますが、ゴードンの目が心配になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

捜索打ち切り

Photo_2  乗員乗客228人を乗せたエールフランス機が大西洋に墜落した事故で、現場海域で捜索に当たっているブラジル空海両軍による合同捜索隊が、事故から3週間以上が経過し、生存者や遺体が見つかる可能性が無いとして捜索を打ち切りました。
 捜索隊は10機以上の軍用機や艦船を現場海域に投入し、多くの遺体や尾翼などの機体の一部を回収しました。
 墜落原因の究明が望まれますが、機内の急減圧を知らせる自動信号が発信されていたことから、胴体か客室の窓に亀裂が入り、最終的には空中分解を起こしたのではないかと推測されているそうです。

 サンダーバード第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」では、国際スパイ団による破壊工作により、ファイアーフラッシュ号の墜落が相次ぎます。その際、現場海域へ捜索機やレスキュー船が向かいますが、ごく短時間で捜索を中止して帰還してしまいます。
 600人の乗員乗客や、原子力エンジンを搭載した旅客機の捜索にしては実にあっさりしていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

無減圧潜水?

Photo_3  第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」を”妄想”する第4弾です。
 アイルランド沖の大西洋、水深200mほどの大陸棚に沈没したファイアーフラッシュ号を救助するために、ゴードンがサンダーバード4号で捜索します。機体を発見したゴードンは、スクーバ潜水で操縦室の窓越しにパイロットと連絡をします。
 このとき、ゴードンはこのような潜水装具に、水中メガネ、フィンといった装備を身につけています。頭部や耳は剥き出しですし、手袋もしていません。
 水深200mといえば21気圧です。サンダーバード2号から投下されて、4号で潜航するまでは良いのですが、この水深でダイビングをすぐに始められるものでしょうか。しかも、ファイアーフラッシュが浮上した直後に海上に出て、操縦室の窓を焼き切る作業をしています。
 ダイビングに関して詳しい事は判りませんが、通常のスクーバ潜水の深度限界は40mを無限圧潜水の目安としているようです。200mともなれば深海ですから、現在の技術では無限圧で潜水する事は困難です。たとえヘリウムや水素を用いた混合ガスを使用しても、減圧にかなりの時間を要します。飽和潜水ともなれば、加圧に1~数日間、水深によっては減圧に数週間もかかるそうです。
 「潜水の世界 人はどこまで潜れるか(池田知純著 大修館書店)」には、「スクーバによる実用潜水」の例として、地中海の水深100m前後の海底で行なわれているピンクコーラルの採取についての記述があります。これによると、「海底では空気にヘリウムを加えて作製した酸素・窒素・ヘリウムの三種類のガスからなる三種混合ガス(トライミックス)を用いている。減圧は水深30~40mに浮上後、呼吸ガスを空気に変換、さらに10m前後から酸素を呼吸し、減圧途中にいったん船上まで浮上し、今度は船のタンクに入室して高圧下でしばらく滞在した後、通常の大気圧下に戻る、いわゆる水上減圧の方法をとっている。」とあります。
 ここでまた、お馴染みの半世紀後のテクノロジーの進歩と天才ブレインズの技術革新を頼りに、ゴードンの超人的な潜水も解決できそうです。サンダーバード4号の潜航開始時は、操縦室は通常の大気圧で空気を吸っていると思います。潜航深度に応じて、操縦室内が加圧されると共に、加圧に適したガスが供給されているのではないでしょうか。海底に到着してスクーバ潜水をする際は、現在よりも進んだ何らかの混合ガスを使っていることでしょう。
 4号に戻って浮上する際は、操縦室の圧力や呼吸するガスが自動的に調整され、海上に出た時点では減圧が完了しているのかもしれません。(あくまでも、素人の妄想ですが....。)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

大陸棚

Photo_2  第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」に関する”妄想”第3弾です。
 前回の記事で、ファイアーフラッシュ4号が破壊工作を受けて飛行したルートを、ロンドン空港のブリーフィング場面に掲示されている地図の赤い線と”妄想”しました。
 この航路上で、本来予定していた(?)大圏航路から290kmほど離れた位置が、ファイアーフラッシュ号の墜落地点と思われます。
 アオシマの1/350プラモデルの解説に、ファイアーフラッシュ号の全長は115mとあります。この沈没している場面からも、水深は機体の長さの1.5倍から2倍程ありますし、エンジンを切断して浮上する場面でも、かなりの水深がありそうです。
 おそらくアイルランド沖の大西洋、水深200m程度の大陸棚に沈没したものと思われます。大陸棚の先の水深2000m級の深海に沈没していたら、国際救助隊のスーパーテクノロジーでも、救助は困難だったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ