2013年2月24日 (日)

吹奏楽

 この時期、学生や社会人の吹奏楽コンサートがよく開催されます。子供が吹部員なので定期演奏会に行きますが、他校の演奏会と聴き比べたり、アマチュア楽団のコンサートにも機会があれば行くようにしています。

 2月17日に、静岡県三島市の市民文化会館で「第6回ゆうゆうホール高校生吹奏楽フェスティバル/東部地区吹奏楽の響演」が開催されました。午前中から始まっていましたが、午後の部のみ鑑賞しました。良い演奏で観客をぐっと掴む高校もあれば、もう少し頑張ってと声援を送りたくなるような時もありますが、部員が日々の練習の成果を発表する姿に元気づけられます。曲が良かったり演奏が素晴らしいと胸がジーンとなって、歳をとったせいか涙もろくて困ります。
 30人、40人編成の高校がある傍ら、新入部員が少ない高校、さらに驚いたのがたった2人だけの吹奏楽部があることでした。よく廃部にされずに頑張っているものと驚きますが、そんな少人数部員の高校が4校合同で演奏してくれました。合同練習の回数も限られますし、何より逆境にもめげずに頑張る姿に感動します。
 小生は楽譜も満足に読めない素人なのでよくわかっていませんが、これは上手いと感じたり、パフォーマンスがきびきびと決まってカッコよかったり、顧問の先生の暖かさ(音楽や生徒たちに対する愛情?)が感じられたり、楽しい時間を過ごしました。今後も各校で定期演奏会が予定されていますので、また足を運んでみようと思います。

 さてこの吹奏楽フェスティバルですが、静岡のFM局K・MIXの日曜朝7時30分からの番組「高校吹奏楽部応援プログラム/アサブラ」の司会者・高橋正純さんが当日の司会をされていました。県内各地で開催される高校の演奏会から、毎週1校ずつ紹介する番組です。
 ラジオで耳にしている高橋さんがどんな人なのか楽しみでしたが、長身でなかなかカッコいい人でした。(茶系のスーツに赤い靴下がおしゃれ?) 司会者なのでトークが上手いのは当然ですが、ステージ脇から手前の客席の声を聞くのに、腹這いになってマイクを向けるお茶目な面もありました。
 次のステージの準備をする間、演奏が終わった部長と話をするのですが、素人相手に話が詰まらないように上手く繋いでいくのはさすがと思います。さらに感心したのが、各校の部長さんたちもプロの司会者や多くの観客の前でも臆することなく受け答えできることです。高校生にもなれば当たり前かと思うかもしれませんが、日頃の練習で積み重ねてきた力やモチベーションの高さを感じます。(小生が高校生の頃など、だらーっと過ごしてきたので....。)

 2月3日には、沼津市民文化センターで「第4回ブラスの祭典/ヤマハ吹奏楽団とともに」へ行きました。楽器でおなじみのヤマハの従業員で構成されたアマチュアバンドですが、さすがに一味違います。素晴らしい演奏の最後に、午前中行われたクリニック(演奏指導)に参加した中高生と「コンサートマーチ アルセナール」の合同演奏がありました。総勢250名ほどだったと思いますが、この中高生の皆さんが良い体験が出来たことや、大迫力の演奏にまた涙もろくなってしまいました。
Cap189__2

 演奏会に行くたびに、劇場版「サンダーバード/THUNDERBIRDS ARE GO」のラストのような演奏をやってくれないかと思うのですが、未だに実現していません。
(約2年ぶりにイラストを描きましたが、パソコンとタブレットの相性の悪さもあって、かなりリハビリが必要です。)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

五輪休戦

Photo  北京オリンピックが始まりました。民族問題やテロ、報道規制、大気汚染などさまざまな問題が取りざたされていましたが、開会式は大成功だったようです。
 中国を代表する映画監督のチャン・イーモウ氏の演出による開会式は、壮大の一語に尽きる華麗なショーでした。
 紙の発明や印刷技術が中国のものである事を紹介する場面で、中心となる文字が「和」であったことが印象的でした。そして、会場の鳥の巣に現れたのが平和の象徴である巨大な「鳩」でした。
 オリンピックは平和の祭典であり、古代五輪の時代から「五輪休戦」という理念があるそうですが、開会式当日に始まったグルジアとロシアの戦闘で無残にも打ち砕かれてしまいました。
 血を流しながら助けを求める女性の映像が何度もニュースに出ていました。この人も、紛争など無ければオリンピックの華麗な開会式を楽しみ、平和と共存のメッセージに感動していた事でしょう。

 さてサンダーバードでオリンピックと言えば四男ゴードンです。世界最速の自由形水泳選手であり、バタフライのオリンピック金メダリストです。
 劇場版「サンダーバード」では、トレーシー島のプールでミンミンと楽しく泳いでいます。「4号ただいま参上!」と敬礼しながら飛び出してくる、相変わらずのひょうきん者です。その後も「僕はプールの王様だ!」とか「オー・キング!オー・キング!」とおどけたり、「降参!」とミンミンに叫んだりします。

 グルジアとロシアの紛争が早期に終結する事や、オリンピックがテロの被害を受けずに無事終了する事を願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

トランスフォーマー

Photo  映画「トランスフォーマー(マイケル・ベイ監督 2007年)」を観ました。
 オープニングのCV-22オスプレイの編隊飛行で、メカ好きおじさんのボルテージがいきなり高まりました。他にもF-117やC-130、A-10サンダーボルト、F-22戦闘機などの軍用機や、MH-53ペイヴローなどのヘリも登場します。米軍が戦闘機などの他にも、空軍基地やペンタゴン内での撮影、人的な面でも全面的に協力したとパンフレットにあります。
 その米軍の最高指揮官である合衆国大統領が、エアフォースワン(大統領専用機)の場面でちょっとだけ登場します。靴を脱いで寛いでいる赤い靴下の大統領が「おやつを持ってきて。」と女性の乗務員に言います。顔は映りませんが、いかにも今の大統領を連想させるキャラクターです。おやつを準備する場面で、落としてしまったお菓子(現大統領が喉に詰まらせたような固いプレッツェルではなく、柔らかそうなチョコパイのようなものです。)を女性乗務員が味見しますが、かなり不味そうな表情をします。軍の協力を得ながらも大統領の事をちょっぴりお笑いネタにしてしまうのがアメリカ流なのかもしれません。

 さて、劇場版サンダーバード(THUNDERBIRDS ARE GO)に登場する2重ローターのレスキューヘリです。以前にも記事にしましたが(http://ir-fan.cocolog-wbs.com/blog/2007/04/post_4c3c.html#comments)、V-22オスプレイに何だか似ている気がします。

 肝心のトランスフォームするロボットやストーリーに関しては、おじさんちょっと付いていけませんでした...。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

マーズ・グローバル・サーベイヤー

Photo_184  昨日の静岡新聞夕刊に「9年以上も火星の上空で観測を続けていた無人探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーとの通信が途絶えて復旧は困難」とNASAが発表したとありました。「火星の表面や上空で活動中の6機の探査機の中で最古参だった。」そうです。
 アポロ計画でも米ソが無人探査機の打ち上げを競い合った末にアメリカの有人飛行が進められたそうですから、火星へのアプローチもまずは無人探査機が活躍するのでしょう。
 サンダーバードの世界では、「ロケット太陽号の危機」で太陽付近へ到達する有人ロケットや、「火星ロケットの危機」ではアーリントン橋の崩壊により水没してしまう有人火星ロケットが登場します。そして遂に劇場版「サンダーバード」でゼロエックス号が火星への有人飛行を成し遂げます。
 火星のシーンは現在知られているような赤い表土ではなく、まるで月のようなモノクロの世界で表現されています。40年前には火星の表面がどうなのか知られていなかったのかもしれません。
 マーズ・グローバル・サーベイヤーからの通信は途絶えてしまいましたが、探査機から送られてくる情報が未来の有人飛行に繋がっていくのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ