2013年6月30日 (日)

進水式

Cap043
 6月13日に英国のサウサンプトン港で、豪華クルーズ船ROYAL PRINCESS号の進水式にキャサリン妃が出席されたそうです。TVのワイドショーで紹介されていたのは、キャサリン妃の出産前の最後の単独公務であることと、ドレスやハイヒールの”着回し上手”についてでした。

 進水式とくれば、小生が連想するのは第16話「オーシャンパイオニア号の危機」のⅡ世号の進水式です。ペネロープ嬢やジェレミー卿らしき人物が式典の主賓のようです。ペネロープ嬢がレバーを引くとシャンパンの支えが外れ、ボトルが船体にぶつかって割れることで船の安全を祈願します。
 ところが、その大事なシャンパンをパーカーと運転手仲間が水とすり替えて飲んでしまうという笑い話につながります。その後、地中海でオーシャンパイオニアⅡ世号がたどる悲劇を予感させるエピソードでもあります。

 この写真に映っているシャンパンは、パペットの手のサイズから推定すると750mlのレギュラーサイズよりも大きそうなので、1.5リットルのマグナムサイズでしょうか。(その割に、FAB1の車内でパーカーたちが酌み交わしているボトルは小ぶりですが。)

 先の進水式の報道記事を検索して驚いたのが、シャンパンのサイズが15リットルと記載されていたことです。そんな巨大なボトルがあるのか? 1.5リットルの誤りでは?と思ったのですが、何と15リットルサイズ(レギュラー20本分)が実際にあるそうです。大容量サイズのボトルには呼び名があって、15リットルのものはNABUCHODONOSOR(ヘブライ語の王の名前)だとか。ネブカドネザルと言えば、マトリックスに出てくる船の名前だったような。

 「進水式」でもう一つ連想するのが「ペコロスの母に会いに行く(岡野雄一著/西日本新聞社)」の67ページ「進水式の想い出」です。船台を滑り降りたビードロ号が、そのまま対岸にゴツンとぶつかるのを、母ちゃんと目撃する雄一少年のエピソードです。(少し前に話題になった本ですので、ご記憶の方も多いと思います。良い本です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

2&2展

Photo

 静岡県沼津市の「ギャラリーほさか」で9月23日から27日にかけて開催された「2&2展」に行きました。沼津市在住の鈴木さん夫妻と植松さん夫妻の合同作品展です。
 鈴木さん製作の10分の1サイズの惑星探査機「はやぶさ」や、200分の1の豪華客船「クイーンエリザベス」などの模型や、植松さんの絵画、二人の夫人の書や手芸作品が出展されていました。友人夫婦で作品展とは羨ましい話です。
 模型好きの小生としては、「はやぶさ」や客船の模型に目が行ってしまいます。鈴木さんが楽しそうに来場者に模型の説明をする姿が印象的でした。回転台の上に据えられたはやぶさの模型は、プラモデルキットの何倍もの迫力があり、精巧な作りこみには頭が下がります。
 100分の1の外輪船の模型は、外輪部分が回転し照明も点灯するそうですが、心無い来場者が触ったため故障してしまったそうです。そう説明している傍らで、「クイーンエリザベス」の手すりに指先で触れている方がいて、見ていてヒヤヒヤしました。
 自分も将来こんな展示会ができればと思いますが、貸ギャラリーの料金を検索して驚きました。5日間で15万円超とは、二人で折半しても簡単には払えない金額に思えます。
 静岡新聞の記事によれば、鈴木さんは74歳、植松さんは72歳です。「はやぶさ」の製作期間が1年、「クイーンエリザベス」は何と5年間もかかっています。自分もリタイアしたら、鈴木さんのように模型製作の日々を送りたいものです。

 船の模型が主体だったので、今回は第16話「オーシャンパイオニア号の危機」から、地中海を進むオーシャンパイオニア号にしてみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

”ちきゅう”を見学しました

Photo
 静岡市清水区の日の出埠頭で一般公開された地球深部探査船「ちきゅう」を見学しました。全長210mの世界最大規模の探査船で、水深2500mの海底下を7000mも掘削することが出来るそうです。船上には巨大な櫓がそびえており、船底からの高さは130mもあります。
 海底を掘削することで地球の歴史を調べたり、地殻に生存している微生物の研究、地震発生のメカニズムを知る事ができるそうです。2005年に建造され、お値段は何と600億円以上なのだそうです。案内の方が「国民の皆さん一人あたり約500円の税金で作られましたので、今日は元をとるつもりでじっくりご覧下さい。」と、茶目っ気たっぷりに話していました。
 あいにくの雨模様でしたが大変な人出で、見学前に記入する新型インフルエンザの問診票と検温のテントにたどりつくまで30分以上待ち、船に入るまで更に1時間待ちの状態でした。TDLのアトラクションよりも長い待ち時間でしたが、待った甲斐がありました。操舵室や、採取したコアを分析する研究棟、巨大な掘削装置が回転しながら上下するデモンストレーションもありました。見学終了時には”ちきゅう”のピンバッジをいただき、良い記念になりました。
 
 さて、サンダーバードで船と言えば第16話のオーシャンパイオニア号です。「完全版 サンダーバード全記録集4(集英社)」によれば、ホバリングする2号との比較から全長200mクラスとなっていますので、”ちきゅう”と同じような大きさと判りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

富士ハーネス

Photo  先日、富士宮市の朝霧高原にドライブに行きました。「富士ミルクランド」で昼食後、園内で飼われている羊や牛を眺めたり、散歩をしてゆったりとした時間を過ごしました。
 帰るには少し早いので、来る途中に見かけた「盲導犬の里 富士ハーネス」を訪れてみました。以前から話には聞いていましたので、一度見学してみたかった場所です。
 ここは、盲導犬の訓練をするだけでなく、引退した盲導犬が余生を過ごす場所でもあり、構内には慰霊碑もありました。
 盲導犬デモンストレーションでは、盲導犬と白杖の違い、盲導犬の育成過程の概要、盲導犬に対するマナー(ハーネスを着けている時はお仕事中なので、触ったり、声を掛けたり、食べ物を与えない。盲導犬の気が散るので、じっと見つめない。)、目の不自由な方への接し方(困っていそうな時は声を掛ける。)などを教えていただきました。
 その後は、20分間だけ制限区域に入場できます。まず、引退犬が余生を過ごしている部屋を見学しました。尻尾を振りながら見学者に撫でてもらうレトリバーたち。TV番組でタレントのダイゴさんと”共演”した犬もいるそうです。
 次に生後1ヶ月ほどの子犬たちを見学しました。ワクチン接種前なので直接触れる事は出来ませんが、愛らしいワンちゃんたちの姿がたまりません。この子犬たちは、パピーウォーカーのお宅で1年間ほど育てられ、しつけや人間との触れ合いを学びます。その後、この盲導犬センターに戻って訓練を受けることになります。
 帰り際、デモンストレーションをしてくれた係員さんと2頭のレトリバーがロビーで待っていました。本当にお利口さんなワンちゃんたちで、(もちろん?)全然吼えませんし、指示に的確に反応するワンちゃんたちに感動しました。
 おしっこやウンチも、目の不自由な方の歩行中やお店でお買い物中にしないよう、お出かけ前や数時間毎に、決められた指示を出すとちゃんと済ませるように訓練されているそうです。その際には凝固剤を入れた袋を装着するそうで、後始末も簡単に出来るとか。普通のペット犬では考えられない事です。
 家族全員が、どちらかと言えば猫よりも犬の方が好きで、いずれ飼ってみたいと思っていますが、なかなか事情が許しません。パピーウォーカーのボランティアにも興味がありますが、将来の盲導犬となる子犬のお世話をする責任がありますので、単に犬を飼ってみたいだけでは動機が不純な気がします。室内で飼わなければならないなど幾つか条件がありますので簡単には応募できませんが、いつかやってみたいと思っています。

 ようこそ「盲導犬の里 富士ハーネス」へ!  日本盲導犬総合センター
http://www.fuji-harness.net/  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

愛犬

Photo  イギリスでは景気の低迷による収入減で、餌代や医療費の負担に耐え切れなくなった飼い主がペットを放置するケースが急増しています。
 2008年にイングランドとサウスウェールズで捨てられた動物の数は前年比57%増の一万一千五百八十六匹に達したとか。

 
 北京市郊外のペット市場では、体毛を染色したり、塩水注射で口元を整形した”改造犬”が販売されているそうです。白色のプードルを褐色に染めると「テディベア」のように見えて倍以上の値段になったり、チャウチャウの雑種の口元に塩水注射で唇を腫らすと純血種のように見えるそうです。また、活発な犬に見せるために鎮痛剤を飲ませることもあるそうです。整形された犬は短期間で死亡するケースもあるようです。

 そんな不幸な犬生(?)を送るペットたちもいれば、オバマ家の飼い犬としてホワイトハウスの住人になったボー君のような犬もいます。ポルトガル・ウォーター・ドッグという犬種を初めて知りました。「スターになる素質がある」と大統領もお気に入りの様子だったそうです。

 フロリダ州の夫婦が韓国の研究機関に、ガンで亡くした愛犬のDNAをもとにしたクローン再生を依頼し、子犬を受け取ったそうです。費用は驚きの15万ドル(約1350万円)以上だとか。ペットの命を粗末にする飼い主とは大きな違いがありますが、15万ドルとは....。

 麻布大と自治医大の研究グループが、愛犬に見つめられると相手への信頼感やきずなを強める働きのあるホルモン「オキシトシン」が飼い主の体内で増加することを確認したそうです。小生は犬好きなので、ワンちゃんに優しく見つめられると嬉しくなってしまうのですが、そんなホルモンが働いていたとは驚きです。

 さて、サンダーバードで犬と言えば第16話「オーシャンパイオニア号の危機」に登場するALLPETS社です。ドッグフードの原料O.D.60を養殖目的で地中海に撒いたことと、液体燃料アルステリンの接近が大惨事を引き起こしてしまいます。

 小さな動物でも命は命。飼い主は最後まで放棄せずに面倒をみて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

アルコールゼロ

Photo  今日の静岡新聞に、「飲酒運転撲滅へ新技術」と題する記事がありました。
 飲酒運転を警告する機能を搭載したコンセプトカーの開発や、携帯電話で遠方の運転手と運送業者間でアルコールチェックをするシステムが紹介されています。

 キリンは8日からアルコール分ゼロ%のビール風味飲料「キリンフリー」を発売しています。酵母を使用せず発酵しないので、アルコールの生成が無いそうです。今までのビール風味飲料は微量のアルコール分を含んでいますし、ビールや発泡酒に比べれば味が劣る事は否めません。キリンの宣伝では「飲めなかったシーンで、飲み応えのあるビールテイストを楽しめる」のだそうですから、試してみたくなります。
 たまたま立ち寄ったドラッグストアの酒類売り場で見かけたので、1本だけ買ってみました。冷蔵庫で十分に冷やさなかったせいか、泡立ちも不十分で、喉越しの良さも有りませんでした。ビールと言うよりも、気の抜けた第三の発泡酒といった味でした。(キリンさんごめんなさい.....。) それでも、ドライバーがビール感覚で雰囲気を楽しめる飲料としては、十分な商品なのではないでしょうか。

 6月には飲酒運転に関して免許の欠格期間や基礎点数が大幅に引き上げられるそうです。飲酒運転の無い社会への取り組みが進んでいますが、一番重要なのがドライバーの意識ですね。

 さて、第16話「オーシャンパイオニア号の危機」の進水式中に、FAB1の車中でシャンパンを飲んでしまうパーカーです。普段はお嬢様に忠実なパーカーですが、監獄仲間のフィンガーを守ろうとしてサポタージュする(第12話「死の大金庫」)こともありますので、運転手仲間のスティーブンスと脱線するのも十分考えられます。
 しかし小生は、スティーブンスが第31話「すばらしいクリスマスプレゼント」の金庫破りストレイカーと同一人物と考えていますので、飲酒を誘ったのもスティーブンスで、パーカーから何か情報を引き出そうとしていたのではないかと思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

お酒

Photo_2  晩酌をしなくなって1ヶ月ほどたちました。これまでは休肝日を除いて、ワインやビール、いま流行のハイボールなどを飲んでいましたが、あまり飲みたいと思わなくなってきたのです。
 きっかけは、小生が秘かに人生の師と仰ぐ方(故人)の言葉が書かれている、40年ほど前の資料を読んだ時、「酒を呑む人は心の中がおもしろくないから、気分晴らしに飲むのですから、本当の陽気とはいえません。真の陽気というは、心に何のくったくもない晴れやかな明るい心の表れです。」と書かれていたからでした。
 社会人ですから、会社や町内会などの”付き合い”が欠かせません。もともと酒は嫌いではありませんから、完全に断酒するのは勇気が要ります。”飲み会”は参加して、晩酌は止めておこうという方針でやっています。晩酌も”絶対飲まない”のではなく、”飲みたかったら飲む”という非常に緩い基準ですが、今のところ飲まずに済んでいます。
 ”サケ・プロブレム”で世界中からヒンシュクをかってしまった(元)大臣さんがいますが、心の中に何か溜まっていたのでしょうか。酩酊して記者会見に出るとは普通では考えられません。政治家のみなさんには、”晴れやかな明るい心”で日本の舵取りをしてもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

飲酒運転

Photo  このところ、飲酒運転の発覚を恐れて被害者を引きずりながら走行し殺してしまったり、警視庁の警視が飲酒運転で事故をおこすなどのニュースが続きます。
 お酒を飲むのは楽しいことですが、度が過ぎると体にも悪いですし、判断力を失って法律を破ってしまう人も残念ながらいるようです。小生も二日酔いで後悔することが時々ありますから、他人事ではありません。
 職場では、交通裁判の傍聴や、交通事故をおこして刑務所で服役中の人たちの文集「贖いの日々」を読む機会があります。わが社には飲酒運転をすれば解雇されるという厳しいルールもありますので、絶対に飲酒運転は出来ません。たった数杯のお酒のために、自分だけでなく家族の人生を狂わせたり、他人様の命まで奪うわけにはいきません。

 さて第16話「オーシャンパイオニア号の危機」で、Ⅱ世号進水式の最中に運転手仲間とシャンパンで祝杯をあげて酔っ払ってしまうパーカーです。このあとお嬢様に見つかってしまうのですが、とても運転できる状態ではありません。おそらくお嬢様が運転したのでしょうが、思い出されるのが第12話「死の大金庫」でのお嬢様のドライブテクニックです。イギリス銀行のシルトン卿と、パーカーは生きた心地がしなかった事と思います。
 あの場面ではお嬢様の運転が下手という設定だったのかもしれませんが、パーカーのサポタージュへの怒りと、閉じ込められた銀行員の救助を急ぐという心理的な要因もあったのではないでしょうか。第23話「恐怖のモノレール」では、追っ手を撃退する見事な運転ぶりを見せていますので、もともと運転が下手ではなかったと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

START1

Photo_2  新聞の「歴史ごよみ」に、7月31日START1調印とありました。
『モスクワでの米ソ首脳会談でブッシュ、ゴルバチョフ両大統領は初めて戦略核兵器を削減する第一次戦略兵器削減条約(START1)に調印した。3年後、米国と旧ソ連のロシアなど4カ国の批准で発効。2001年末、履行は完了した。(1991年)』(静岡新聞)
 同じく7月31日の新聞に、1974年のノーベル平和賞を受賞した故・佐藤栄作元首相が、受賞演説で核兵器の先制不使用を目指す核保有国会議を呼び掛けたいと、当時のアメリカ国務長官キッシンジャー氏に打診したところ、拒絶されていたとありました。
 核兵器の先制不使用の解説として「核攻撃を受けない限り、核兵器を使用しないとの政策。圧倒的な核戦力を持つ米国が先制不使用を宣言すれば核軍縮につながるとされる。東西冷戦時代、通常兵器で圧倒的に優位だった旧ソ連を中心とするワルシャワ条約機構に対し、米国など北大西洋条約機構(NATO)側は核兵器を先に使用することを辞さないとして、先制不使用政策を採用していなかった。現在、核保有国5カ国のうち先制不使用を宣言しているのは中国だけ。先制使用は先行使用、第一使用とも呼ばれる。」と書かれていました。(静岡新聞)
 キッシンジャー氏は中ソとの通常兵力の差から、核使用の放棄はバランスの取れた軍縮につながらないと述べたようです。その後、冷戦は終結したそうですが、インド・パキスタンに続き北朝鮮やイランなどの核拡散問題は広がりを見せています。
 地球温暖化や飢餓問題を考えると、もっと世界中が協力しあうべきはずですし、核兵器を開発している場合ではないと思うのですが....。

 さて、この話題になぜ第16話「オーシャンパイオニア号の危機」の進水式の場面なのかと言いますと、中央のレポーターの顔を見るたびに、額に痣を書き足したらゴルビー(ゴルバチョフ元大統領)にそっくりになると思うからでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

スティーブンス

Photo  第16話「オーシャンパイオニア号の危機」で進水式の最中に、こっそりシャンパンを盗み飲みするパーカーと運転手仲間の場面です。パーカーは、この運転手の名前をスティーブンスと呼んでいます。(字幕版)
 吹き替え版では二人ともかなり酔っています。パーカーはしゃっくりが出る程ですし、スティーブンスはお嬢様のことを「ペネロープ・クラカン・ウォール嬢」と言い間違えています。
 ところが字幕版では少々雰囲気が違います。しゃっくりを出した事を詫びるパーカーに、吹き替え版では「しゃっくりぐらい何だってんだ」と庶民的な口調ですが、字幕版では「構わんよ、友よ」と礼儀正しいところを見せますし、声の感じも落ち着いています。元々赤ら顔のパーカーですが、かなり酔った表情なのに対して、スティーブンスはさほど酔っているように見えません。
 ところでこのスティーブンス氏は、誰の運転手なのでしょうか。進水式の場面にはジェレミー卿に良く似たウォーデン卿や、イギリス銀行の頭取シルトン卿の姿がありました。ここで妄想を膨らますと、第31話「すばらしいクリスマスプレゼント」が思い出されます。ニューヨークのハーマン商会からコラルビル子供病院までロケットでプレゼントを運ぶイベントの最中、隣接する国立銀行の金塊を強奪しようとする二人組みの主犯格ストレイカーこそ、このスティーブンス氏の正体ではないでしょうか。
 今回は、お金持ちや銀行家の運転手になって情報を探ろうとしているのかもしれません。パーカーと酒盛りをするのも、ペネロープ邸の情報を探るための作戦なのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すばらしいクリスマスプレゼント | にせ者にご注意 | ウェブログ・ココログ関連 | オーシャンパイオニア号の危機 | オートレーサー・アランの危機 | クラブロッガーの暴走 | サンダーバードおもちゃ・本 | サンダーバードキャラクター | サンダーバードメカ | サンダーバード・イベント | サンダーバード・ゲストメカ | サンダーバード全般 | サンダーバード小道具 | サンダーバード6号 | サンダーバード? | ジェット”モグラ号”の活躍 | ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション | スパイにねらわれた原爆 | ゼロエックス号 | ニュース | ニューヨークの恐怖 | ピラミッドの怪 | ペネロープの危機 | ロケット”太陽号”の危機 | 世界一のビルの大火災 | 公爵夫人の危機 | 劇場版サンダーバード | 危険な遊び | 原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機 | 原子炉の危機 | 地球温暖化 | 大ワニの襲撃 | 太陽反射鏡の恐怖 | 宇宙放送局の危機 | 恐怖のモノレール | 恐怖の空中ファッションショー | 情報員MI.5 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 死の大金庫 | 死の谷 | 海上ステーションの危機 | 湖底の秘宝 | 火星ロケットの危機 | 火星人の来襲 | 秘密作戦命令 | 超音ジェット機レッドアロー | 魅惑のメロディー | CM | FIRST-ISLAND PROJECT | SOS原子旅客機 | TBキッズ